犬と猫の救急 ガーデン動物病院

電話 072-440-0689

診療時間 9:00〜11:30 / 16:30〜18:30 休診日 火曜日(夜間緊急対応につきましては現在停止中です)

サイトメニューの表示

スタッフブログ

シャンプーの方法について

2022年12月03日

こんにちは。

獣医師の辻村です。

突然ですが、皆さんはどのようにワンちゃんをお風呂に入れていますか?

トリミングの時に一緒にという方もいれば、体が臭ってきたらシャンプーするという方もいると思います。

実はワンちゃんにも適切なシャンプーの方法があり、今回はそのことについてお話しします。







まず、シャンプーの頻度ですが、健康な皮膚状態の子では、2週間に1回ぐらいが適切だと言われています。

それよりも期間が長すぎると皮脂汚れが溜まって、体が痒くなったり臭くなったりしてしまいます。

また、シャンプーのし過ぎも皮膚の乾燥の原因になってしまいます。

もちろんワンちゃんごとに適切なシャンプー頻度は違いますので、詳しくは獣医師にご質問ください。



次にシャンプーの仕方についてです。

まずは温かいお湯で全身を濡らします。

この時にお湯が熱すぎると肌の弱い子では痒みが出てしまうことがありますので注意してください。



その後シャンプーを洗面器で十分に泡立て、全身にもみこんであげます。

眼に入るとよくないので、顔周りは無理のない範囲で大丈夫です。



シャンプーが全身に行きわたったら爪を立てずにやさしく泡をもみこんであげます。

あまりゴシゴシし過ぎると肌荒れの原因になってしまいますので、できるだけ優しくするようにしてください。



お湯で洗い流すときは、シャンプーが残らないように注意します。

この時もお湯は適温でお願いします。



タオルドライもできるだけ優しく、ゴシゴシしないように拭いてあげます。



ドライヤーは目に長時間当てすぎると傷ができてしまうことがあるので顔周りは当てすぎないように注意します。



しっかり乾いたら、最後に保湿剤を塗ってあげます。

シャンプー後はとても乾燥してしまうので、全身に丁寧に塗ってあげます。

保湿剤は当院でも購入できますし、お近くのペットショップにも置いてあると思います。



長くなりましたが、シャンプーの方法については以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。





ワンちゃんのシャンプーは少し大変ですが、肌をきれいに保つためにはとても重要です。

シャンプーの種類や、もっと詳しい方法などについては、お気軽に獣医師にご質問ください。



獣医師
辻村

ブログ一覧

最近の記事(10件)

過去記事アーカイブ