犬と猫の救急 ガーデン動物病院

電話 072-440-0689

診療時間 9:00〜11:30 / 16:30〜18:30 休診日 火曜日(夜間緊急対応につきましては現在停止中です)

サイトメニューの表示

スタッフブログ

勝呂飯始まります

2021年12月11日

お久しぶりです、獣医師の勝呂です。

今までのブログでは犬猫の病気ついて話をしてきましたが、今回は僕のおすすめ料理レシピを紹介したいと思います!



記念すべき勝呂飯第1弾は、大阪人の誇り「たこ焼き」です!!

最後の晩餐は絶対に「たこ焼きとビール」

それくらい僕もたこ焼きが大大大好きです!

今回は僕のたこ焼きレシピを皆さんにお伝えしたいと思います。



まず材料ですが、たこ焼きに入れる具材は、蛸とちくわとこんにゃくです!







僕の実家では昔からちくわとこんにゃくを一緒に入れていました。

食べ応えが増し、結構美味しいですよー!



たこ焼き粉は特にこだわりはありません(笑)

ただ、記載されている水の量の半分を牛乳に変えてみて下さい!

そして卵は記載の個数+1個がおすすめです。







水の変わりに牛乳を入れることで、たこ焼きがよりクリーミーになります。

また生地にほんだしを少量入れると、牛乳の臭みも無くなりより美味しくなります。

たこ焼き粉と卵、牛乳を先に混ぜてから水を足すことで、ダマができにくくなめらかな生地を作ることができます。







あとはいつも通り生地と具材を入れて焼くだけですが、ここでも1つポイントがあります。

ある程度焼けてきたら生地をひっくり返すと思いますが、この時いきなり全部ひっくり返すのではなく、あえて半分返しにとどめておきます。







こうすることで、たこ焼きの中に空気を閉じ込めることができ、外カリ中フワのたこ焼きを作ることができるのです。

しかし、この時に時間をかけ過ぎてしまうといびつな形になってしまうので、半分返しをした後は比較的すぐに全部ひっくり返すようにして下さい。

焼く時はあまり回し過ぎず、ある程度放置しておく方が綺麗なまん丸のたこ焼きを作ることができます!







今回のレシピは色々なお店を参考にして、自分でアレンジした完全オリジナルレシピです。

特に著作権などもありませんので、皆さん是非一度作ってみて下さい!!





獣医師
勝呂