犬と猫の救急 ガーデン動物病院

電話 072-440-0689

診療時間 9:00〜11:30 / 16:30〜18:30(夜間緊急対応 20:00〜深夜0:30)

サイトメニューの表示

スタッフブログ

なんのためにお手入れするの?

2020年12月19日

こんにちは、トリマーの原です。

スキンケアの勉強から食事に辿り着きまして、通信で犬の管理栄養士の資格講座を申し込みました。







いつでも勉強できるからと資料が届き3週間経った今、全くの手付かずです!✌︎('ω')✌︎

このブログをきっかけに気合いを入れます\(^o^)/(笑)



さてさて、本題に…

みなさんはわんちゃんをサロンに連れて行くタイミングって決めていますか?



次のトリミング予約っていつ入れたらいいんだろう?とご相談を受けた際、こちらからは月一回を理想としてお伝えしています。



毛がボーボーになっている訳でもないのになぜでしょう?



それは定期的なケアにより、いろんな不調の予防や早期発見を目的として考えているからです。



トリミング後から約一ヶ月で大体のわんちゃんは爪が床に着き、足裏の毛が肉球を隠しはじめます。



人間で想像してみましょう。



足の爪が床に着くくらい伸び、靴下を履いた状態。

足の爪が床に着くと指が痛いし爪も割れそうです。

そんな状態で靴下を履いているので滑り止めがない状態…思うように走れないですし、変に踏ん張ったりしてどこかしら痛めそうです。



爪の長さを一定に保つことで肉球や爪の負担を減らし、足裏の毛を刈ることで滑り止め効果をキープ。

足腰の健康に繋がります。



そしてさらにさらに…

シャンプーとブラシで清潔な皮膚を保ち、隅々まで観察することで湿疹や赤みの早期発見。

何より私たちトリマーが“いつもの健康な状態“を知ってるからこそ小さな変化に気づくこともたくさんあります。



嫌がらないことを急に嫌がるようになった。

立っていられる時間が短くなった。

などなど…



あれ?きれいになるし健康を保てるし、なんなら病気の早期発見もできる…一石二鳥、いやそれ以上では?

なんて思ってもらえたら嬉しいです(^-^)



お家でシャンプーしてるしなぁ…そんな方には単品のメニューもご準備してますので、お気軽にご相談ください(*^^*)





トリマー