犬と猫の救急 ガーデン動物病院

電話 072-440-0689

診療時間 9:00〜11:30 / 16:30〜18:30(夜間緊急対応 20:00〜深夜0:30)

サイトメニューの表示

スタッフブログ

[オススメ]あなたは健康診断について、こんな誤解をしていませんか?

2018年04月22日

院長の水越です。
あなたは健康診断について、こんな誤解をしていませんか?
・採血は痛く、たくさんの血液をとるので、動物の負担になる
・検査の待ち時間が長く、検査費用が高いので、飼い主様にも負担が大きい
・検査を受けても、結果の解釈が難しく、理解できない
でも、これらは最もよくある間違いに比べれば、取るに足らないものです。


つまり、
・若い犬猫は病気にならない
・体調を崩しても、すぐに自然治癒する
・健康診断なんか必要ない
という間違いです。
ここに大きな問題があります。


昨年、ガーデン動物病院で実施した健康診断では、0歳~6歳が52%を占めます。
kenshin2
多くの若い犬猫の飼い主様が、健康診断を受けてくださっています。


また、健康診断を受けた動物の70%でなんらかの異常が見つかっています。
kenshin1


私の愛犬、のんちゃんも、5歳の時に受けた健康診断をきっかけに、リンパ球形質細胞性腸炎という病気を早期発見できました。


その他にも、
・様々な感染症
・アレルギーや免疫の異常によって起こる病気
などは、若い時期に起こります。


リンパ腫、肥満細胞腫などの一部の悪性腫瘍も若い時期に起こることがあります。
病気の初期や軽症の場合は、見ただけでは、病気だと分かりません。
若くても安心はできません。


そうは言っても、高齢の動物よりも、若い動物の方が病気になりにくいことも事実です。
健康診断を受けて、何も異常がなければ安心できます。


それだけではありません。
健康な時の数値を知っておくことは非常に重要です。


犬や猫には様々な品種があります。
でも、正常値は犬の正常値、猫の正常値しかありません。
セントバーナードもチワワも同じ正常値を参考にしています。
おかしいですよね?
なので、個体ごとの正常値を知っておくことが重要です。
ちょっとした数値の変動を捉えることが可能になります。
万が一、病気になった時でも、早期発見につながります。
このように、健康な時の検査も非常に価値があるのです。


ガーデン動物病院の春の健康診断は、犬では2コース、猫では4コースから選べます。
犬では、一度の採血で、フィラリア検査と健康診断を一緒に受けることが可能です。


◎犬のフィラリア検査+健康診断のコース
コース①とコース②の金額に、フィラリア検査の代金を含んでいます。
kenshin3


◎猫の健康診断のコース
kenshin4


検査センターに協力していただき、5月末までは特別価格で受けていただけます。


採血時間は数秒~1分程度。
採血量は3ccほどです。
動物への負担はごくわずかで、安心していただけます。


問診、身体検査、採血にかかる時間は10分〜15分程度です。
ウェブ予約によって、検査までの待ち時間を最小限にできます。
結果は後日郵送しますので、検査結果が出るまで待つ必要はありません。
飼い主様への時間的な負担も最小限です。


お送りする検査結果には、各項目の解説、再検査と追加検査を獣医師が1頭1頭手書きでご提案します。
分かりやすく、適切な解説とご提案によって、安心していただけます。


混雑が予想されますので、スケジュール帳を確認し、今すぐ「ウェブ予約」しておくことをオススメします。
https://garden-ah.sakura.ne.jp/yoyaku/
※ウェブ予約とメルマが会員様は連動しています。


IMG_5540
院長
水越健之




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
https://garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ブログ一覧

最近の記事(10件)

過去記事アーカイブ