犬と猫の救急 ガーデン動物病院

電話 072-440-0689

診療時間 9:00-12:00 / 17:00-19:30

サイトメニューの表示

スタッフブログ

自宅が一番

2018年02月17日

院長の水越です。
6日間の出張が終わり、日常に戻りました。
今回の主な目的はリクルートでした。
学生さんたちにアピールするために、懇親会に参加しました。
テンションを合わせるために、多少(?)の飲酒もしました。


お酒を飲むと、翌日は辛いです。
でも、これも重要な役目です!


さらに、出張中はここぞとばかりに、日頃やりたいけど、なかなかできないことをやり過ぎます。


例えば、読書。
出張の移動中や空き時間がたくさんあるので、僕は本をたくさん持っていきます。
1泊につき1冊くらい。
今回は6冊です。全部、仕事関係の本です。
6冊読破は無理でしたが、4冊読みました。


デスクワークも、はかどります。
空港で搭乗待ちの20〜30分の空き時間は、なぜかはかどります。


色々な意味で有意義な時間を過ごせました。


でも、頭を使い過ぎてなのか、夜中も頭が冴えて、眠りが浅くなってしまいます。
おまけに、お酒も入ってヘロヘロです。


そんなこんなで、出張は疲れます。
帰ってきても、一晩寝たくらいでは疲れがとれません。


あなたは旅行や出張から戻ってきた後に風邪をひいたり、体を壊すことはありませんか?
僕のような無茶をする人は少ないと思います。
でも、移動するだけでも、肉体的にも精神的にも疲れますよね。
それは動物も同じです。


今回は、お出かけの時にペットにできることを少しお伝えします。
旅行や出張の時にペットにできる5つのポイント
①猫の場合、2泊ぐらいまでなら自宅で留守番がベター(猫の体調・性格などにより、そうでない場合もありますが)
②犬の場合、慣れた場所に預けるのが良い
③預けるならば、いつものフード
④連れて行くならば、酔い止めを活用
⑤出かける前に、きちんと予防をしておく(預ける場合は特に)
IMG_1863


ガーデン動物病院としては、②〜⑤のお手伝いができます
③の「酔い止め」ですが、「セレニア」といういい薬があります。
日本では人間の医薬品として認可されていませんが、犬では認可されています(海外では猫もOK)。
約1日間、吐き気、気持ち悪さを抑えられます。
副作用が少ない安全なお薬(錠剤)です。
体重がわかれば、お薬だけ取りに来てもらうことも可能です。
旅行にわんちゃんを連れていくときは、ぜひ使ってみてください。


IMG_5540
院長
水越健之




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
https://garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇