犬と猫の救急 ガーデン動物病院

電話 072-440-0689

診療時間 9:00〜11:30 / 16:30〜18:30 休診日 火曜日(夜間緊急対応につきましては現在停止中です)

サイトメニューの表示

スタッフブログ

人生の転機

2017年11月03日

院長の水越です。
あなたには人生の転機といえる出来事がありますか?
僕にはあります。
それもわりと最近。
2016年のお盆のことでした。
岡山県でコーチングの研修を受けていました。
そこで出会ったある参加者とのちょっとした会話で、僕は生まれ変わりました。
その参加者はコーチングのスキルが高く、それを活かして健康のアドバイスを行う仕事をしています。
僕は、健康とリフレッシュのためにジョギングを始めるのですが、いつも長続きしません。
そこで、ジョギングが長続きするためのコツを聞きました。
そして、明確な答えをもらいました。

それは・・・
「毎日、同じ時間に走ること」
でした。

「毎日」です。

もう少し詳しく言うと、
「悪天候の時は、ストレッチや軽い筋トレなどの自宅メニューでも構わない。」
「仕事を休むくらいの体調不良の日は休んでも良いが、寝転んで軽めのストレッチくらいはすべき。」
ということでした。
正直、その時は無理だと思いました。
でも、とりあえずできる限りやってみようと決めたんです。

研修から帰った翌日から、毎朝、自宅近くの久米田池(1周3km弱)を走ることにしました。
1年で1番暑い時期で、2泊3日の研修帰りで、もちろんその日は仕事で、久々のジョギング。
かなりきつかったです。
翌日もその翌日もなぜか雨が降りません。
体調もまあまあ。
ジョギング習慣のスタートは好調でした。
IMG_3992
1ヶ月ほど続いた9月の中旬ごろに、池を半周したくらいから左膝の内側と太物の外側に痛みを感じました。
かかりつけの接骨院で診てもらった結果、 「姿勢や走り方の癖のため、筋力が弱いところに疲労が蓄積した」とのこと。
「シューズにインソールを入れる」 というアドバイスをもらい、それを信じてやってみました。
痛みがきつい時は歩くことにして、なんとか途切れなように頑張りました。
その頃から、意識は明らかに変わっていて、
「走りたい」
「続けたい」
「リタイヤしたくない」
というような気持ちでした。
インソールを入れて、ジョギングを続けていると、痛みが軽く、気にならなくなっていきました。
だんだんと走れる脚になっていたのです。

痛みが完全に消えた頃から、走る距離を伸ばせるようにりました。
その次の試練は真冬の寒さ。
それも手袋やウェアを工夫したり、寒すぎる日は昼間に走るなどという対策で乗り切りました。

そして今年の3月・・・、ハーフマラソンを完走することができました!!!
IMG_2061
朝のジョギングは今では完全に習慣になっています。
東京に出張の時は皇居の外周を走ります。
完全に習慣になり、走る距離も伸びた現在は週3日、10キロを走っています。
僕は「習慣」とか「ルーチン」が好きです。
大切なことをやり続けるには必須です。
イチローも毎日のルーチン(起きる時間、食べるもの、トレーニングメニューや順番などなど)が決まっているそうです。


みなさんにはどんな習慣がありますか?
ペットとの生活で習慣に行なっていることはありますか?
毎日のワンちゃんとの散歩、食事、スキンシップ。 毎年の予防や健康診断。
大切なことを習慣にして、健康でハッピーなペットとの生活を送ってもらえるように、僕たちはサポートしていきたいです。
それから、メルマガやブログも習慣にし、飼い主様との絆を深めたいと意気込んでいます。

13321693_995178940577322_3992588692799021816_n
院長
水越健之




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
https://garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇