犬と猫の救急 ガーデン動物病院

電話 072-440-0689

診療時間 9:00-12:00 / 17:00-19:30

サイトメニューの表示

スタッフブログ

ぜっとくん CT検査

2019年12月07日

こんにちは。動物看護師の吉岡です。

前回、愛犬のぜっとが肘を痛めてしまったことをきっかけに、ダイエットに挑んだお話をしました。

実は、そのときにCT検査も行いました。







ぜっとが肘を痛めた時は8歳。

大型犬ですし、シニア犬ですし、「若い!」とは言い切れない年齢(´ω`)

レントゲン検査をしましたが明らかな異常はみられず。

(ちなみに嫌がってすごく大変でした。。。ぜっとよく頑張った( _ ))

レントゲンだけでは明らかには分からないこともあり、関節症などの病気が隠れていないかが気になりました。



先生に相談すると、 CT検査の方がレントゲン検査に比べて肘の状態がわかる。

プラスして肘の状態確認と、お腹の臓器に異常がないかの確認もできる。

ということでした。



CT検査は全身麻酔が必要。

どうしようか悩みましたが、、、肘以外、体の異常はなかったので、検査を受けることにしました。

検査は無事に終わりました。







検査結果は、肘やその他も問題ありませんでした。

あー、よかった。゚(゚´ω`゚)゚。



今回ぜっとが検査を受けて「CTってすごいな」と思いました。

言葉が大雑把すぎてすみません(°°๑)



上記でもお伝えしましたが、レントゲン検査、すごく大変だったんです(笑)

撮るのに時間もかかりました。

かなりストレスになったと思います。



実際、レントゲン検査は横に向けたり仰向けにしたりすることもあり、小型犬に比べて大型犬の方が大変ですし、わんちゃん本人に頑張ってもらうのと、協力も必要です。

でも、CT検査は全身麻酔は必要ですが、眠っている間に全身の画像検査を短時間で実施できます。

また肘だけでなく、全身の画像診断ができて、ぜっとの今の体の状態を確認することができました。



短時間で終わり、なおかつ情報量も多い!



実施して本当に良かったです(o^^o)



当院ではCTドックも行っています。

もし、CT気になる、、、という方がいらっしゃれば病院スタッフにご相談ください。

全身麻酔が必要になる検査なので、獣医師とよく相談して検討してみてくださいね。





動物看護師
吉岡