犬と猫の救急 ガーデン動物病院

電話 072-440-0689

診療時間 9:00-12:00 / 17:00-19:30

サイトメニューの表示

スタッフブログ

至福の時間が、、

2019年09月21日

お久しぶりです、獣医師の勝呂です。

今回は僕の疲れの取り方について紹介しようと思います。



以前ブログで温泉が好きだという話をしましたが、僕は温泉だけでなく、岩盤浴も大好きです。

時間がある休日は、一人でフラっと岩盤浴に向かい、だいたい4-6時間は滞在します(笑)

思いっきり汗を流しながら、ストレッチやマッサージをして身体の凝りをほぐす。

これを繰り返すことにより、一気に疲れを取ることができます。







大学で青森にいた時は、岩盤浴が近くになかったのですごく不便でした。

岩盤浴に入るためには、車を3時間ほど運転し、岩手県まで行く必要があったからです、、。

その点、大阪は岩盤浴が豊富にあり、少し電車に乗れば、すぐに行くことができるので非常に助かります。



岩盤浴に初めて出会ったのは高校二年生の時でした。

部活の後輩が連れて行ってくれたのがきっかけだったのですが、あまりの気持ち良さにすっかりはまってしまい、最低でも1ヶ月に1回は岩盤浴に行っていました(笑)







ただ、気持ち良いからといって調子に乗っていると、脱水により目眩がしたり気分が悪くなることもあります。

僕自身、救急車に乗りかけたこともありました、、。



犬猫たちにとっても脱水は非常に危険です。

熱中症などはイメージしやすいかもしれませんが、頻回に下痢・嘔吐したり、多量に排尿することによっても重度の脱水状態になってしまいます。

人間の場合は、意識的に水分補給することができますが、犬猫の場合は、脱水状態になり身体がしんどくなってくると、水を飲もうとしなくなり、脱水が悪化してしまうことも少なくありません。







脱水状態になると、体内に流れる血液量が減ってしまい、様々な臓器の機能が低下してしまいます。

反応が鈍い、食欲が低下しているなどの症状が見られてから、急に状態が悪化することも少なくありません。



脱水の程度は、

①口腔内が乾いていないか

②皮膚を引っ張ってすぐに戻るか

③尿量が異常に増えていないか

など、普段の観察によっても評価することができます。



水分不足かもしれないと感じた時は、一度身体を触ってあげて下さい。

脱水時間が長くなれば長くなるほど状態は悪化してしまうので、少しでも異変に気づいた時はなるべく早期の受診をおすすめします。





獣医師
勝呂