犬と猫の救急 ガーデン動物病院

電話 072-440-0689

診療時間 9:00-12:00 / 17:00-19:30

サイトメニューの表示

スタッフブログ

ぜっとくん ダイエット計画

2019年06月15日

こんにちは。

動物看護師の吉岡です。

前回のブログ内容で、 私の愛犬愛猫が食べるのが好きで 太らせないようにしないといけない!、とお伝えしていましたが、

昨年の夏、愛犬ぜっとの体重が。。。かなり増えてしまいました(;_;)







ぜっとくんは供血犬として病院で働いていたので 、病院スタッフからも、

『ぜっと、太った~?』

『これは痩せなあかんで!』

とお恥ずかしながら、そんなお言葉を頂いてました()



2017年はじめ頃は36.8kg

201887日の時点で39.2kg

上から見るとウエストも無くなっていました。



少し太ってるぐらいなら可愛いものだ。

そう思っていました。

しかし、ぜっとの体調に変化が現れました。



・散歩に行きたがらない

・歩いている途中で止まる

・急にキャンと鳴く

・前足の挙上

そんな症状が出てきたので、病院に連れて行きました。



ぜっとくん、肘を痛めてしまいました。



シニアの時期にも入っているので、関節を痛めやすくなっているのもありますが、体重増加も、肘を痛めた原因の1つだと、先生からもそのように言われました。



肥満にさせたのは私。

食べ物の管理は飼い主である私がしないといけないのに。

ぜっとに辛い思いをさせてしまった。

申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。



ぜっとの健康のためには体重を落とすしかない。

そこで私は、ダイエット計画を立てました。



ダイエット計画、今振り返ってみて、ここがポイントだった!という点があります。



①ダイエット計画は家族全員で行う

私は家族と一緒に暮らしています。

私だけがぜっとのダイエットに取り組んでも、家族の誰かがおやつをあげちゃうと意味がないですよね()

なので、家族全員にダイエット計画を伝えました。

ぜっとについての体調の変化はみんなで共有して、体重の変動も伝えていました。

複数人で暮らしている場合、みんなで協力して取り組むのは、かなり重要ポイントだと思います。



②フードの種類、回数の変更

ぜっとは朝夕であわせて1時間程はお散歩に行っていたので、運動不足ではなく、食べ物やおやつが問題だと分かっていました。

なので、

*減量系のフードに変更

*体重に合わせたフードの量を計算

*給餌回数を12回から4回に変更

この3つを実施しました。



モチベーション維持の為にこんな表を作っていました。





可哀想ですがおやつは抜きです()

ぜっとからするとご飯が、12回から4回に増えてラッキー☆☆

飼い主もわんこもwinwinです(^ω^)



③体重を測る

トリミング室でのシャンプーをした後に病院で体重を測るようにしていました。

数字を目にして変動を確認できるほうが、モチベーションを維持できます。



20188月からダイエット計画実行。

コツコツと頑張ってきました。

その結果、、、

20193月はじめの時点で34.8kgまで落ちました!

-4.4kgのダイエットに無事に成功しました!







ダイエット中、痩せていくうちに、活動性も増えていきました。

肘も今では全く痛がらなくなりました。



痩せることができて、本当に良かったです。



太ってしまい辛い思いをするのは愛犬愛猫。

大切なことをぜっとから学びました!

食べ過ぎによる肥満は、工夫次第で回避できます(>_<)

これからもぜっとの健康のために体重維持をしていきます!





動物看護師
吉岡