犬と猫の救急 ガーデン動物病院

電話 072-440-0689

診療時間 9:00〜11:30 / 16:30〜18:30 休診日 火曜日(夜間緊急対応につきましては現在停止中です)

サイトメニューの表示

スタッフブログ

[オススメ]ねこちゃんのノミ・マダニ予防

2018年03月01日

院長の水越です。
先日の春健診に続き、今日はねこちゃんのノミ・マダニ予防のご案内です。
今年のガーデン動物病院のノミ・マダニ予防には2つのポイントがあります。
①「ブロードライン」という予防薬を導入しました
②ノミ・マダニの年中予防をお勧めします


1つ目のポイント
「ブロードライン」
最大の特徴は、「幅広い予防効果」です。
駆除できる寄生虫はこれだけあります。
ノミ成虫、ノミ幼虫、ノミ卵、マダニ、フィラリア、回虫、鉤虫、瓜実条虫、猫条虫、多包条虫。
★フィラリアは犬の病気と思われがちですが、猫ちゃんにも発症することがあります。発症は多くはないですが、診断が非常に難しく、死亡率も高いので、予防しておくことが重要です。
スポットタイプのお薬です。
投与方法はフロントライン、レボリューションと同じです。
効果は1ヶ月続きます。
当院が、猫ちゃんに一番使ってほしい予防薬です。
IMG_1246


2つ目のポイント
「年中予防」
ノミとマダニの活動が活発なのは夏〜秋です。
でも、今年からは、冬の予防も積極的にお勧めします。
冬の予防の必要性については、こちらをご覧ください。


ニュースなどで話題になった「SFTS(重症熱性血小板減少症候群)」はご存知でしょうか?
この病気は、マダニがウィルスを運んでくる病気で、人がかかると発熱などを起こし、重症化すると死に至るケースもある大変危険な病気です。
nekoyobou1
このように、60名の死亡が報告されています(2013年1月〜2018年1月分の調査)


下の図をご覧ください。
nekoyobou2
このように、冬でもSFTSの発症が報告されています。
冬でもマダニが生存し、犬や猫に寄生するということです。


以前にブログでお伝えした通り、ノミも同様です。
冬でも寄生する可能性があります。
冬もしっかりノミ・マダニ予防をお願いします。
予防期間はこちらを参考にしてください。
nekoyobou3


最後に予防薬のご案内です。
nekoyobou4
nekoyobou5
今年は、リニューアル記念ということもあり、このように12個のまとめ買いがお得です!


今年からは、「ブロードラインを年中予防」
これが、当院のオススメです。


今年もねこちゃんをしっかりと予防してあげ、気持ちよく1年を過ごしましょう。


※ブログでご紹介しましたお薬の処方には、必ず獣医師の診察が必要となります。薬のみの販売は出来ません。


IMG_5540
院長
水越健之




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
https://garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ブログ一覧

最近の記事(10件)

過去記事アーカイブ