犬と猫の救急 ガーデン動物病院

電話 072-440-0689

診療時間 9:00-12:00 / 17:00-19:30

サイトメニューの表示

スタッフブログ

[オススメ]春健診のご案内

2018年02月27日

院長の水越です。
ニュースレターがもう数日で到着すると思います。
今回はA4サイズの透明封筒でお届けしています。
例年よりも内容が充実しています。
ぜひお読みください。


明後日から3月です。
ガーデン動物病院では、毎年3月1日から、春の健康診断キャンペーンが始まります。
今回のブログは、お届けしたニュースレターを捕捉するような内容になります。


下の図は、ニュースレターからの抜粋です。
昨年春に当院で実施したの健康診断の統計データです。
kenshin1
このように、健康診断を受けた犬猫の7割に、なんらかの異常が見つかっています。
健康診断を受けるまでは、ほとんどの飼い主様が、何も異常はないと思っていました。
「検査してみないと病気(または前兆)の存在に気づかない」
「健康に見えても、実は病気(または前兆)が潜んでいる」
ということです。


動物は喋れないので、自覚症状を訴えることができないですよね。
それと、野生動物の名残があり、弱さを見せないようにするという習性が残っています。
なので、病気を見逃しがちです。


これが健康診断をお勧めする一番の理由です。


さらに、犬猫は老化のスピードが人間の4〜5倍速い。
僕のような中年の人間は、できれば毎年、少なくとも2年に1回は健康診断を受けたいと思っています。
老化が早い犬猫は、5歳を超えたら、1年に2回の健康診断を受けてほしいと思っています。
4歳以下ならば、1年に1回でも良いと思います。
わんちゃんならば、春のフィラリア検査と一緒に健診を受けることがオススメです。


下に、当院の健康診断のポイントがまとめてあります。
kenshin2
上の図の最後に、健康診断を受けた犬猫の年齢が示してあります。
意外と若い年齢が多いですよね。


若い時から健康診断を受けるメリットは、
「その個体特有の基準値を知ることができる」
ということです。


犬種、猫種はたくさんあります。
でも、血液検査の基準値は「犬」「猫」の区別だけ。
犬種ごと、猫種ごとの基準値は分かっていません。
なので、個体ごとに、健康な時の数値を知っておいて、その動きを定期的にモニターすることが重要です。
ということで、若くても健康診断は必要なのです。


最後に、健康診断のコースのご案内です。
まず、わんちゃんのコース。
コース①、②があります。
年齢を目安にコースを選んでもらうことが多いです。
迷っている方は、ご来院時に獣医師に相談してくださいね。
kenshin3


次に、ねこちゃんのコース。
コース①、②、③、④があります。
年齢と生活環境(ウイルス感染のリスク)を目安にコースを選んでもらうことが多いです。
迷っている方は、ご来院時に獣医師に相談してくださいね。
kenshin4


以上、春の健康診断のご案内でした。
ご不明な点は、何でも、お気軽にご相談ください。


IMG_5540
院長
水越健之




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
https://garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇