スタッフブログ

晩酌の友

2018年09月25日

院長の水越です。
 
今日は僕のリフレッシュ法について。
 
それは晩酌です。
 
僕のお気に入りをご紹介します。
 
写真をたくさん掲載しました。
 
ぜひ、ご覧ください!!
 
 
 
まずは主役から。
 
“獺祭”です。
 
獺祭はすべて純米大吟醸です。
 
精米率によって、ランク付けされています。
 
写真の“二割三分”は上から2番目のお酒です。
 
一番安い“五割”で十分美味しいですが、たまに贅沢して、いいお酒を買うこともあります。
 
獺祭は高級酒というイメージが強いですが、他の純米大吟醸酒と比較すると安いと思います。
 
オススメです!
 
IMG_2187
 
 
 
次はビール。
 
僕はサッポロ派です。
 
エビスビールが一番好きです。
 
ノドごしよりも、味とまろやかさ重視です。
 
ebisu
 
 
 
次は、缶チューハイ。
 
オススメは“本絞り グレープフルーツ”です。
 
生搾りに近い味で、甘すぎず、とてもおししいです。
 
honshibori
 
 
 
梅乃宿酒造の“ゆず酒”。
 
これも飲みやすくて美味しいです。
 
オススメです!
 
yuzu
 
 
 
続いては、おつまみ。
 
今年、運命の出会いがありました!!
 
ミーノ そら豆
 
すごく美味しいです!
 
食べだしたら止まりません。
 
ぜひ、買ってください。
 
mi-no
 
 
 
テング ビーフジャーキー
 
定番です。
 
美味しいです。
 
zyaki
 
 
 
最後に脇役ですが、
 
とろべ〜
 
柔らかい昆布です。
 
ヘルシーです。
 
罪悪感なしに食べられるところがいいです。
 
dorobe
 
 
 
以上が僕のオススメの晩酌の友です。
 
 
 
以前は特別な日だけしかお酒を飲めませんでした。
 
夜間救急をやっているので当たり前のことです。
 
 
 
今は、週に2〜3日、夜間診療のサポートと緊急オペの執刀をしています。
 
スタッフが増え、夜間診療を任せられるようになったからです。
 
そして、週に1〜2回、晩酌ができるようになりました。
 
 
 
以前の働き方では、長くは続かなかったと思います。
 
でも、今のペースなら、あと20年は頑張れると思います。
 
スタッフに感謝します。
 
そして、まだまだ働こうと思います。
 
頑張ります!!
 
 
 
13321693_995178940577322_3992588692799021816_n
 
院長
水越健之
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

犬のアトピー性皮膚炎 当院の治療方針

2018年09月20日

院長の水越です。
 
今日のテーマはガーデン動物病院皮膚科を受診されることが多い、アトピー性皮膚炎について。
 
アトピー性皮膚炎の治療は僕が獣医学生だった20年前とは大違いです。
 
この20年で大きな進歩がありました。
 
当院では、そのような新しい医療も取り入れつつ、より良い治療を追求しています。
 
そこで、アトピー性皮膚炎の治療に対する考え方について書こうと思います。
 
 
 
最初に要点を書きます。
 
 
 
“飼い主様の要望とワンちゃんのコンディションや性格に合った、最良の方法を一緒に探す”
 
 
 
これがガーデン動物病院のアトピー性皮膚炎の診療方針です。
 
 
 
アトピー性皮膚炎は、生涯向き合わないといけない皮膚病です。
 
長期的に無理なく続けられる方法を見つけるということが非常に重要です。
 
 
 
症状は、慢性的または繰り返す“かゆみ”です。
 
痒くなる場所は、目の周り、口の周り、耳、四肢の先など 皮膚炎によって赤くなります。
 
下の写真を参照してください。
 
hihu1
 
hihu2
 
hihu3
 
 
 
治療について詳しく説明します。
 
 
 
治療の主役は“飲み薬”です。
 
主にこの3つの薬で治療します。
 
・プレドニゾロン(ステロイド)
・シクロスポリン
・アポキル
 
 
 
・プレドニゾロン
効き目が早く、効き目が強く、安価であるというメリットがあります。
副作用(肝臓への負担、免疫力の低下、筋力の低下、皮膚が薄くなる、脱毛など)が強いというデメリットがあります。
 
・シクロスポリン
効き目はまずまず、副作用もプレドニゾロンと比べると少ないというメリットがあります。
効き目が遅く、高額であるというデメリットがあります。
 
・アポキル
効き目が早く、効き目が強く、副作用が少ないというメリットがあります。
高額であること、新しい薬なので未知な部分があるというデメリットがあります。
 
 
 
これらの薬のメリットとデメリット、飼い主様の要望、ワンちゃんの性格などなどを考えて、一番合っている薬、合っている投薬プランを探します。
 
もちろん、飼い主様と相談して。
 
 
 
それに加えて、薬の治療効果を高めるために、スキンケアも大切です。
 
低刺激で保湿作用のあるシャンプーが有効です。
 
必要であれば保湿スプレーも併用します。
 
食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の併発であれば、アレルギー用の療法食も必要となります。
 
 
 
“飼い主様の要望とワンちゃんのコンディションや性格に合った、最良の方法を一緒に探す”
 
 
 
例えば、
 
・副作用を避けたい
・通院回数を少なくしたい
・シャンプーは自宅ではできない
・投薬回数を減らしたい
・なるべくお金をかけたくない
 
などなど。
 
 
 
例①
 
「副作用は最低限にしたい」ということを最優先にされる飼い主様には、アポキルをお勧めします。
 
それとシャンプーを頑張ってもらいます。
 
 
 
例②
 
「費用をできるだけ抑えたい」ということを最優先にされる飼い主様には、プレドニゾロンをお勧めします。
 
上手に使えば大きな副作用は防げます。
 
それとシャンプーを頑張ってもらいます。
 
 
 
例③
 
「シャンプーを自宅でできない」という飼い主様には、当院併設のトリミングサロンの利用をお勧めします。
 
自宅でのスキンケアは保湿スプレーを使用してもらいます。
 
 
 
そういう要望をできるだけ叶えつつ、“副作用は最低限に” + “皮膚の状態を許与範囲に保つ”
 
これがガーデン動物病院の方針です。
 
 
 
100点満点の皮膚の状態は目指しません。
 
他にも重要な要素があり、バランスよく、長く続けられる方法がベストだと考えています。
 
 
 
アトピー性皮膚炎の治療でお悩みの方は、ぜひ一度、僕に診させてください。
 
お力になれると思います。
 
 
 
皮膚科外来について、詳しくはこちらのページをご覧ください。
 
皮膚専門外来について
 
hihuLP
 
 
 
IMG_5540
 
院長
水越健之
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

スタッフからのフィードバック

2018年09月16日

院長の水越です。
 
7月末ごろにスタッフアンケートをとりました。
 
僕やマネージャーなど、病院の幹部スタッフに対して、スタッフ全員からフィードバックをもらうアンケートです。
 
結果を見るのが怖かったです。
 
その結果は・・・。
 
 
 
アンケートは記名式ですが、集計は外部の専門家にお願いしました。
 
なので、僕を含め、フィードバックをもらう側の人間は、誰からのフィードバックか?知ることができません。
 
本音を聞きたかったから、そういう形式にしました。
 
 
 
飼い主様にもアンケートの協力をお願いすることがあります。
 
お褒めの言葉は、励みになります。
 
お叱りの言葉は、病院をよくする糧となります。
 
IMG_2797
 
 
 
それはスタッフアンケートでも同様です。
 
僕は予想通り(予想以上かも)、改善してほしい事柄をフィードバックしてもらいました。
 
 
 
フィードバックの一つは、僕が発するメッセージについて。
 
誤解を招くようなメッセージがあったり、表現がきつかったり、馬鹿正直すぎたり・・・。
 
それによって、スタッフの信頼を失っていることがあったようです。
 
本当に反省しています。
 
 
 
他にもたくさんのフィードバックをもらいました。
 
 
 
優先度の高い事柄から、一つ一つ解決していきます。
 
そして、もっと良い経営者、もっと良い院長、もっと良い人間になりたいです。
 
それが、良いチーム、良い組織につながるはずです。
 
その結果、良い医療や良いサービスをお届けすることにつながると信じています。
 
 
 
「ボトルネックは常にボトルのトップにある」
 
これは、P・F・ドラッカーというマネジメントの権威が残した言葉です。
 
ボトルネックとは、最大の障害・制約のことです。
 
チームや組織の最大の障害・制約は常に、トップであるリーダーや経営者にあるということです。
 
 
 
今回のフィードバックを真摯に受け止めたいと思います。
 
 
 
正直、フィードバックの内容を素直に受け止め、前向きに捉えることができるまでに、数週間かかりました。
 
でも、これは必要なことだと痛感しました。
 
 
 
まずは、自分の行動を変えること。
 
そこから始めたいと思います。
 
 
 
そして、半年くらい経ったら、2回目のスタッフアンケートを実施する予定です。
 
その時、「良い変化があった」というフィードバックがもらえるように頑張ります。
 
 
 
mizukoshi
 
院長
水越健之
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ディズニー 2018夏

2018年09月11日

院長の水越です。
 
夏休みの終わりに、またまたディズニーに行ってきました。
 
今回は写真メインのブログ。
 
8月31日に書きました!
 
ぜひ、ご覧ください!
 
 
 
以前のブログでこのように書きました。
 
水越家の幸せの象徴はディズニーです。
 
ディズニーランド着いて、入場ゲートをくぐって、シンデレラ城に向かって歩いて行くシーン、そのシーンが幸せの象徴です。
 
 
 
今回、もう一つ、象徴的なシーンがあった事に気づきました。
 
それがこの写真です。
 
IMG_3172
 
エレクトリカルパレードを家族と一緒に見ているシーンです。
 
 
 
3歳の次女の杏が、パレードの終わりに言いました。
 
「あんちゃん 涙が出そう」
 
感極まって、それと、パレードがもうすぐ終わるという寂しさで、涙が出そうになったのだと思います。
 
小さな子供を三人連れてのディズニーは本当にハードです。
 
でも、こんなことを言われると、また連れてきてあげたいと思い、また来てしまいます。
 
 
 
ディズニーでは、子供がいると有利なことがあります。
 
 
 
それは、キャラクターとの写真。
 
IMG_3281
 
IMG_3285
 
IMG_3288
 
IMG_3290
 
IMG_3210
 
このように、かなりの確率で写真を撮ってもらえます(笑)
 
 
 
親としても大満足!
 
 
 
IMG_3270
 
IMG_3233
 
IMG_3235
 
本当にみんな楽しそうでした。
 
 
 
IMG_3224
 
楽しい時間を過ごすことが出来ました。
 
夢の国、僕たちにとっては本当に夢の国です。
 
 
 
お休みはこれで終わりです。
 
明日から9月。
 
ガーデン動物病院、2018年度の後半戦のキックオフです。
 
 
 
チーム内で大きな改革を行い、新しいスタートを切ります。
 
 
 
リフレッシュ出来たので、9月からは気持ちを新たに、精一杯頑張りたいと思います。
 
これからもよろしくお願いします。
 
 
 
mizukoshi
 
院長
水越健之
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

[オススメ]秋健診のご案内

2018年09月06日

院長の水越です。
 
あなたは健康診断について、こんな誤解をしていませんか?
 
・採血は痛く、たくさんの血液をとるので、動物の負担になる
 
・検査の待ち時間が長く、検査費用が高いので、飼い主様にも負担が大きい
 
・検査を受けても、結果の解釈が難しく、理解できない
 
でも、これらは最もよくある間違いに比べれば、とるに足らないものです。
 
 
 
つまり、
 
・若い犬猫は病気にならない
 
・体調を崩しても、すぐに自然治癒する
 
・健康診断なんか必要ない
 
という間違いです。
 
ここに大きな問題があります。
 
 
 
昨年、ガーデン動物病院で実施した健康診断の年齢の内訳を示します。
 
kenshin2
 
このように、0歳~6歳が52%を占めます。
 
多くの若い犬猫の飼い主様が、健康診断を受けています。
 
 
 
次にこの図を見てください。
 
kenshin1
 
健康診断を受けた0歳~6歳の犬猫の70%でなんらかの異常が見つかっています。
 
 
 
私の愛犬、のんちゃんも、5歳の時に受けた健康診断をきっかけに、リンパ球形質細胞性腸炎という病気を早期発見できました。
 
 
 
その他にも、
 
・様々な感染症
 
・アレルギーや免疫の異常によって起こる病気
 
などは、若い時期に起こります。
 
 
 
リンパ腫、肥満細胞腫などの一部の悪性腫瘍も若い時期に起こることがあります。
 
病気の初期や軽症の場合は、見ただけでは、病気だと分かりません。
 
若くても安心はできません。
 
 
 
そうは言っても、高齢の動物よりも、若い動物の方が病気になりにくいことも事実です。
 
健康診断を受けて、何も異常がなければ安心できます。
 
 
 
それだけではありません。
 
健康な時の数値を知っておくことは非常に重要です。
 
 
 
犬や猫には様々な品種があります。
 
でも、正常値は犬の正常値、猫の正常値しかありません。
 
セントバーナードもチワワも同じ正常値を参考にしています。
 
おかしいですよね?
 
なので、個体ごとの正常値を知っておくことが重要です。
 
ちょっとした数値の変動を捉えることが可能になります。
 
万が一、病気になった時でも、早期発見につながります。
 
このように、健康な時の検査も非常に価値があるのです。
 
 
 
ガーデン動物病院の秋の健康診断は、犬では3コース、猫では4コースから選べます。
 
6歳未満のわんちゃんの場合、コース①(5,000円)
 
6歳未満の室内生活のねこちゃんの場合、コース①(5,000円)
 
外に出るねこちゃん、多頭生活のねこちゃんの場合、コース③(7,000円)
 
をオススメしています。
 
検査センターに協力していただき、11月末までは特別価格で受けていただけます。
 
 
 
採血料は3〜5ccほどです。
 
動物への負担はごくわずかで、安心していただけます。
 
問診、身体検査、採血にかかる時間は10分〜15分程度です。
 
ウェブ予約によって、検査までの待ち時間を最小限にできます。
 
 
 
ご予約はこちらから↓
 
http://garden-ah.sakura.ne.jp/yoyaku/
 
 
 
結果は後日郵送しますので、検査結果が出るまで待つ必要はありません。
 
飼い主様への時間的な負担も最小限です。
 
 
 
お送りする検査結果には、各項目の解説、再検査と追加検査を獣医師が1頭1頭手書きでご提案します。
 
分かりやすく、適切な解説とご提案によっても、安心していただけます。
 
 
 
健康診断についてさらに詳しい内容は、
 
秋の健康診断について
 
こちら↑のページをご覧ください。
 
 
 
今すぐ、スケジュール帳を確認し、ウェブ予約しましょう!
 
 
 
IMG_5540
 
院長
水越健之
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇