スタッフブログ

クラウドファンディング

2018年01月20日

院長の水越です。
 
「クラウドファンディング」
 
なんのことか分かりますか?
 
ウィキペディアには、「不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。」 と書いてありました。
 
簡単に言うと、「インターネットで投資を呼びかけて、個人事業や小さい会社が資金を集めること」です。
 
株式投資とは違って、お金を増やすことが目的で投資する人は少ないです。
 
そうではなく、夢を応援したいという理由で投資する人が多いという特徴があります。
 
投資額も一口、数千円〜3万円くらい。
 
規模は小さいです。
 
ガーデン動物病院もクラウドファンディングをやってみることにしました。
 
 
 
僕の夢は、「夜間救急ネットワークの構築」です
 
昨年末にニュースレターを発行し、そこにも書きましたので、ぜひお読みださい(病院でお配りしています)。
 
 
 
「夜間救急ネットワーク」
 
それは、
 
「全国の犬と猫が、1時間以内で救急病院に受診できる環境を作ること」
 
er
 
写真 2017-03-26 13 43 23
 
 
 
大きな都市には救急動物病院がありますが、地方には多くないというのが現状です。
 
地方の都市に深夜12時までの救急対応が可能な、年中無休の分院を作りたいと考えています。
 
そのためには、深夜勤務、日曜日、祝日、年末年始も働いてくれるスタッフの確保が不可欠です。
 
特に獣医師は、一人前になるまでに3年くらいかかります。
 
IMG_5499
 
「獣医師を多く採用し、教育する」ということを、人手が足りていても、積極的に、早め早めに行う。
 
そのための資金を募ります。
 
 
 
クラウドファンディングについて、キングコング西野亮廣が分かりやすく、面白く書いた書籍が出ています。
 
興味がある方は、ぜひ読んでみてください!
    ↓
「魔法のコンパス」
「革命のファンファーレ」
 
 
 
ガーデン動物病院のクラウドファンディングの募集は今月末ごろ開始予定です。
 
また、募集が始まったら、ブログでもお知らせします。
 
その時には、投資家側のメリットについても書こうと思います。
 
 
 
IMG_5540
 
院長
水越健之
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

第13回 スタッフインタビュー♪

2018年01月18日

受付スタッフの横田です。
 
『スタッフインタビュー♪』第13弾!
 
今回は動物看護師の西澤君にインタビューしてきました!
 
 
 
S__65429506
 
 
 
★Q1 どうして今の職業に就こうと思ったのですか?
 
動物が好きで、仕事をするならやっぱり自分が好きな仕事をしたいと思ってて、それで見つけた仕事が動物看護師でした。
 
動物と接することも出来るし、命を救う助けが出来る素晴らしい仕事だと思い、この仕事に就きました。
 
 
★Q2 休日の過ごし方、趣味や好きなことは何ですか?
 
夏はサーフィンしてます!
 
あとは、釣りに行ったり家でゲームしたりですかね・・・。
 
冬は結構、家で引きこもってます(笑)
 
 
★Q3 将来の夢はなんですか?
 
自分はサーフィンが好きなんですけど、めっちゃ上手くなって、将来子供に教えたりしたいです!
 
 
★Q4 犬派? 猫派?
 
僕は完全なる犬派です・・・!
 
正直、猫に触れ合う機会があまりなかったんですよね・・・。
 
あとは家で2頭トイプードルを飼ってるからですね。
 
 
★Q5 うちの子自慢を聞かせて下さい!
 
2頭いるうちの、上の子は大人しくて賢いです!
 
下の子は・・・・・・、元気が取り柄です・・・!
 
ちょっとお馬鹿さんなんです(笑)
 
あんまり言うこと聞いてくれなかったり・・・
 
まぁ可愛いんですけどね(笑)
 
 
★Q6 好きなものは何ですか?
 
最近見た『プリズンブレイク』という洋画が最近の好物です!
 
本当に誰かと語りたいくらいです・・・!
 
予想の裏をかかれる展開で、それが本当に面白いです!
 
シーズン4まであるんですけど、見過ぎでなかなか寝れない日もありました(笑)
 
 
★Q7 苦手なものは何ですか?
 
これは本当に言い切れます、野菜です。
 
レタスとか葉物は食べれない、もやしもダメです・・・。
 
ジャガイモとか芋類はいけますが、キュウリとか瓜系もダメですね。
 
 
以上、看護師の西澤君のインタビューでした!(^^)
 
 
 
西澤くんの紹介ムービーです♪
 
ガーデンの新しいスタッフ猫の生後4か月のみぞれちゃんが一緒に登場します。
 
みぞれちゃんは縁があって病院にやってきた猫ちゃんです。
 
少しやんちゃさんですが、とてもいい子でスタッフの癒しになっています(^^)
 
犬派な西澤くんですが、みぞれちゃんと戯れているときや抱っこしているときは、緊張がほぐれたような表情をしていました。
 

 
今後も、ブログに登場すると思いますので、みぞれちゃんにもぜひ注目してみて下さい♪
 
 
 
次のスタッフインタビューは(`・ω・´)
 
シナモンロール大好き系女子!
 
看護師の堀井さんです!
 
次回もお楽しみに!
 
 
 
image-4
 
受付スタッフ
横田
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「23時に健康チェック」を習慣に

2018年01月16日

院長の水越です。
 
当院の院内セミナーの講師として、何度も来てもらっている先生がいます。
 
救急のスペシャリスト、中村篤史先生です。
 
中村先生と食事をしている時の会話がきっかけで、あるアイデアが浮かびました。
 
 
 
夜間救急動物病院におけるスタッフマネジメントの難しさについて、話をしていました。
 
・夜間勤務をやりがいと感じてくれるスタッフを確保するのが大変
 
・長期勤務してもらうことも難しい
 
・やる気はあっても身体を壊してしまう人がいる
 
それが現実であり、夜間救急を続ける大きな障壁でもあります。
 
 
 
そのための僕の大事な仕事はリクルートです。
 
日本中の獣医大学を飛び回っています。
 
それで良い人材を確保できても、身体を壊してしまうような労働条件、労働環境にはしたくない。
 
夜間救急を続けるためには、夜間に働いてくれるスタッフが一番大切です。
 
IMG_5739
 
 
 
24時間体制の救急対応を夢見ていましたが、中村先生との話の中で、方向転換することを決めました。
 
「救急対応は深夜12時まで」
 
「飼い主様には、深夜12時までに、ペットの健康チェックを習慣にしてもらう」
 
IMG_1726
 
 
 
仕事から帰るが20時以降になる人はたくさんいると思います。
 
多くの動物病院の診療受付時間は19時、20時までです。
 
なので、深夜12時までの救急対応は絶対にやめたくない。
 
それをやめると、困る人がたくさんいる。
 
 
 
深夜12時以降に容態が急変することはあります。
 
でも、多くの場合は、それまでに前兆があるはずです。
 
 
 
僕の役目は、
 
・「23時に健康チェック」を飼い主様に呼びかけて、習慣にしてもらう
 
・「救急受診が必要なサイン」を覚えてもらう
 
ということです。
 
 
 
「23時に健康チェック」
 
23時にこだわる必要はありません。
 
ガーデン動物病院に深夜12時までに来院することを逆算して、間に合う時間に健康チェックをしてもらいたいと考えています。
 
IMG_0318
 
IMG_0027
 
 
 
「救急受診が必要なサイン」
 
これについては、毎月2つくらいですが、ブログに記事を投稿しています。
 
 
 
今年中には、ブログの記事をまとめて、「救急受診が必要なサイン」を網羅したハンドブックを作りたいと考えています。
 
そのハンドブックを無料で飼い主様に配って、勉強してもらいたいと思っています。
 
 
 
小さい活動ですが、
 
「23時に健康チェック」
 
これを広めていきたいです。
 
 
 
IMG_5540
 
院長
水越健之
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

救急のサイン⑤ おしっこが出ない

2018年01月14日

院長の水越です。
 
冬はおしっこのトラブルが多発します。
 
・おしっこが出ない
・トイレで長い間おしっこをしようと頑張っている
・頻繁にトイレに行く
など。
 
おしっこが出ないということは、命に関わる緊急事態だということを知っておいてください。
 
 
 
食べ物の中には、栄養だけでなく、体に毒となるものも入っています。
 
その毒の多くは、腎臓で血液の中からとり除かれ、おしっこと一緒に体の外に出されます。
 
 
 
おしっこが出ないと、毒が体の中にたまります。
 
一日出ない状態が続くと危険な状態になります。
 
二日出ないと命を落としてしまう可能性があります。
 
 
 
おしっこが出なくなる原因で最も多いのは、尿路結石です。
 
冬の寒い時期は、運動量が少なくなり、水を飲む量も少なくなる。
 
その結果おしっこの量は少なく、濃くなります。
 
濃いおしっこの方が、結石が作られやすくなります。
 
 
 
また、冬はおしっこを我慢しがちです。
 
我慢すると膀胱炎になりやすくなります。
 
膀胱炎になるとおしっこの状態が悪くなり、結石もできやす状態になります。
 
 
 
このような理由で、冬〜早春はおしっこのトラブルが起こりやすくなります。
 
IMG_8040
 
 
 
膀胱結石では、砂状〜小石程度の大きさの結石が、膀胱から尿道に流れ出ます。
 
体の外に出せればいいのですが、尿道が細くなるところで詰まることがあります。
 
 
 
膀胱炎でも、炎症を繰り返すことで剥がれてしまった膀胱の壁の細胞、白血球などの炎症細胞、血の塊などがゴミのように膀胱に溜まることがあります。
 
そのゴミが結石と同じように、尿道に詰まることがあります。
 
これらの状態が尿道閉塞です。
 
 
 
尿道閉塞では、おしっこをしたいのに出せないので、最初は頻繁にトイレに行ったり、長時間トイレで居たりします。
 
尿道閉塞が起こると、おしっこが出なくなり、上に書いたように、毒素が体内に溜まって、危険な状態になります。
 
尿道閉塞は、特にオスのネコちゃんに起こりやすいので、要注意です。
 
 
 
膀胱炎では、膀胱に尿が溜まっていなくても、おしっこがしたくなり、おしっこをしようとします。
 
その様子が、尿道閉塞と似ていて、区別が難しいことがあります。
 
膀胱炎の場合は、少ないけど、おしっこが出ます。
 
「少しでも出ているかどうか?」チェックしてあげてください。
 
 
 
IMG_8325
 
 
 
ワンちゃんも、ネコちゃんも、
 
おしっこが出ているか?
おしっこの色は?量は?
トイレに何度も行かないか?
トイレに長時間座っていないか?
 
これらがチェックポイントです。
 
 
 
泌尿器健診キャンペーンも2月末までおこなっています。
詳しくはこちらをご覧ください。
 
http://urine-checkup.strikingly.com/
 
 
 
IMG_5540
 
院長
水越健之
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

食べ物と関連付け

2018年01月12日

動物看護師の谷口です。
 
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
 
私は、風邪をひかないで有名だったのですが、仕事収めをした31日の夜に熱が出始め、インフルエンザを発症しました。
 
咳が出て声が出ないという症状にやられていました。
 
これまで、毎年のように家族が何度かインフルエンザになっていましたが、私は発症しない・・・。
 
だから、インフルエンザってどんなんなんやろう、ちょっと発症してみたいな〜なんて思ってしまっていましたが、やっぱりいいものではなかったです・・・( ̄∇ ̄)
 
熱があっても元気で動けるし動きたいんですが、声が出ないことでテンションがだだ下がりでした。
 
元気出すために、録画していたガキ使を見ていたんですが、ツボに入って笑ってしまうともう苦しくて苦しくて転げ回って・・・、とにかくいろいろとしんどかったです(笑)
 
 
 
発熱といえば、小学生のころに、高熱が出たのを覚えています。
 
祖父と祖母と一緒に、トンボ池公園まで自転車を漕いで行った次の日に高熱が出ました。
 
キャラメルコーンを前カゴにつんで、「いえーい!」と言わんばかりに食べながら自転車に乗っていたのですが、この次の日に体調を崩したせいかキャラメルコーンがすっごく嫌いになってしまいました。
 
51W+GkHM-5L
 
この赤いパッケージを見ただけで、思い出しただけで、気分が悪くなっていました。
 
(もう克服しました( ´ ▽ ` )v)
 
 
 
同じように、猫には「食べ物と関連づけ」というのがあるそうです。
 
食べ物を食べて、そのあとに体調が悪くなったり嫌な思いをすると、その食べ物のせいにしてしまうというものです。
 
危険回避の行動だそうです。
 
ねこちゃんには、特に新しい食べ物や療法食などを与えた後、嫌な思いをさせないように気をつけてください。
 
お腹の調子が悪くなってしまうのは正直仕方がないですが、怖い思いをさせないように気をつけてあげてみてください。
 
 
 
勉強の話にしてちょっと誤魔化しましたが、お菓子を前カゴにつんで、それを食べながら自転車乗る・・・って相当、行儀悪いです。
 
そんなちびっ子・・・全然可愛くない(笑)
 
祖父と祖母にはかなり甘やかされて育ちました。
 
 
 
今年の谷口のお正月は、珍しくインフルエンザに感染し、毎年恒例の“日帰りで行く富士山”も行けず、7日間しっかりと自宅で大人しくしていて、かなり残念でした。
 
 
 
入社して毎年、「この日のために自分はここにいるんだー!」みたいな感じで、年末年始には特にやりがい感じていましたが、今年は役立たずな谷口でした。
 
今年一年また頑張るための休息だったと思って、2018年も健康に笑顔で過ごしたいと思います。
 
 
 
せっかくなので、最後に去年の富士山!
 
IMG_8270
 
IMG_8256
 
去年の富士山は雪がめちゃくちゃいい感じに積もっていてすごく綺麗でした。
 
そして、富士山は何度見ても、「でかぁ・・・」と思います。
 
 
 
あなたのお正月はどんなでしたか〜。
 
2018年も小さいようで存在の大きい相棒との時間を大切に過ごしましょうU^ェ^U(=^ェ^=)
 
 
 
taniguchi
 
谷口
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇