スタッフブログ

熱中症について

2018年05月13日

院長の水越です。
 
まだ5月ですが、日中の暑い時間だと、熱中症にならないとは言えません。
 
今日は、熱中症について、知っておいてほしいことをお伝えします。
 
 
 
まず、熱中症になりやすい犬種や、状況は?
 
 
 
①なりやすい犬種
 
換気が下手な犬(短頭種:ブルドック、フレンチブルドック、パグなど)、太っている犬、毛が密な犬は体温が下がりにくい。

 
 
 
②なりやすい状況
 
気温が高い環境、運動、興奮、けいれん発作など。
 
 
 
次に、なぜ体温が上がるだけで、危険な状態に陥ってしまうか?
 
 
 

 
高い体温が続くと、体を作るタンパク質が壊れます。
 
そうすると、様々な臓器がうまく働くことができなくなります。
 
さらに悪化すると臓器が死んでしまい、全く働くことができなくなります。
 
例えば、脳の働きが悪化すると、最初は、眠そうにしたり、元気がなくなります。
 
さらに悪化すると、意識がなくなったり、けいれん発作を起こしてしまいます。
 
 
 

 
高い体温が続くと、過剰なパンティングが起こります。(運動後のようにハアハアと激しい呼吸をします)
 
パンティングによって、体温を冷まそうとしているのですが、吐く息には水蒸気が含まれているので、長時間続くと脱水症状に陥ります。
 
脱水症状が悪化すると、血液がドロドロになり、全身にうまく血液を送り届けることができなくなってしまいます。(ショックという状態です)
 
血液がうまく届かないということは、酸素や栄養の運搬ができないということです。
 
①と同様に、様々な臓器がうまく働くことができなくなります。
 
 
 

 
高い体温が続き、過剰なパンティングが起こると、喉や気管を痛め、腫れることもあります。
 
そうすると、呼吸による空気の出入りがうまくいかなくなります。
 
酸素の取り込み、二酸化炭素の吐き出しがうまくいかないということです。
 
この場合も、酸素不足などで、様々な臓器がうまく働くことができなくなります。
 
 
 
最後に、対策についてです。
 
一番重要なのは、熱中症にならないこと。
 
そのためには、
 
・熱中症のリスクが高い犬種、状況を理解する
 
・下記の期間は散歩を早朝にする
リスクが高い犬種 5月〜10月
その他の犬種 梅雨明け〜9月ごろ
 
・留守番をさせるときは、温度管理に気をつける
 
・車内や暑いところに放置しない
 
・万が一の時に備え、体温計を常備しておく
 
 
 
もしもの場合は、体を冷やしながら病院に直行です。
 
それが必要な体温は41度です。
 
ただし、40度を超えるようなら、その後こまめに(5分間隔)体温測定をしましょう。
 
39.5度まで下がれば安心です。
 
40度から上昇傾向であれば、「冷却」+「受診」が必要です。
 
 
 
<冷やし方>
・水で体を濡らしながら、風を送る
・脇の下、内股などは保冷剤で冷やす
 
 
 
shinsatushitu
 
 
 
短頭種気道症候群をご存知でしょうか?
 
フレンチブルドック、パグ、シーズーなどの短頭種(鼻ペチャ犬)に特有の問題です。
 
ちょっと動いただけで、喉をガーガー鳴らす息遣いになります。
 
短頭種は熱中症のリスクが高いですが、短頭種気道症候群を持つ犬は特に注意が必要です。
 
4歳までに矯正手術を受けることで、改善します。
 
短頭種気道症候群については、別に機会に詳しく説明します。
 
 
 
以上です。
 
 
 
IMG_5540
 
院長
水越健之
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

パワーアップします!

2018年05月12日

動物看護師の堀井日菜(ホリイ ヒナ)です。
 
4月で2年目になるまだまだ新米の看護師です。
 
今日はわたしが今一番頑張ってることについてお話しようと思います。
 
 
 
わたしは、働いて1年経ち、保定や検査、麻酔管理など様々なことを教えてもらい任され、できるようになりました。
 
2年目になった今は診察の流れをよく観察し、今自分が何をすべきなのか、他の看護師さんや獣医さんは今何をしているのか、などを考えながら行動することを頑張っています。
 
1つのことに集中しすぎると周りが見えなくなってしまうことがあるので、しっかり他の人も意識しつつ次何をするべきか考えて安全に且つ素早く処置を終わらせ、はやくワンちゃん、ネコちゃんをだいすきな飼い主さまの元へお返ししてあげられるようにしています。
 
 
 
あとは、麻酔管理はわたしが技術面の中で1番頑張ろうと思っています。
 
初めは先輩と一緒に手術に入り、麻酔管理を教えてもらい、今では1人で入るようになりました。
 
麻酔が安定している場合は問題ないですが、少し異常が出たりするとどうするのが正解なのかとても難しいところであり、先生の指示を仰ぎながら毎日勉強し、精進している日々です。
 
 
 
そして!2年目になったわたしがこの1年間でがんばりたいことがまだあります。
 
大きいわんちゃん(25㌔くらい)を1人で抱っこし、保定できるようになることです。
 
わたしはどちらかと言うと背も小さく、力もある方ではありません。
 
大きいわんちゃんが来たら1人で診察台に載せることもできず、他のスタッフに手伝ってもらっていたのでわたし1人ででもできるようになりたいと思いました。
 
なので今年は毎日筋トレして筋肉をつけようかと考えています( ´﹀` )
 
S__36487179
 
 
 
2年目に突入し、1年目の時よりパワーアップして飼い主さまの、また病院の役に立てるよう頑張ります。
 
今後ともどうぞよろしくおねがいします。
 
 
 
S__36487194
 
動物看護師
堀井日菜
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ひろしです。

2018年05月10日

はじめまして!
 
獣医師の髙田拓志(タカタヒロシ)です。
 
北里大学 獣医学部を卒業し、4月からガーデン動物病院で勤務させていただくことになりました。
 
今回のお話で僕のことを少しでも知ってもらえたらなと思います。
 
 
 
僕は幼少期から獣医師になり動物達を助けるのがずっと夢でした。
 
そのため大学の研究室を選ぶ時も絶対に臨床の研究室を選ぶと決めていました。
 
しかし北里大学には、臨床といっても内科や外科、眼科、放射線科などの様々な分野があります。
 
その中で僕が選んだのは・・・整形外科・神経外科の研究室でした。
 
なぜそこを選んだかと言うと、やはり1番は興味があったからだと思います。
 
 
 
僕は小学生の頃から今まで、ずっとバスケットボールをしてきました。
 
その中で、したくなくてもケガをしてしまうことが何度もありました。
 
その度に整形外科でお世話になりました。
 
的確な治療・リハビリのおかげで、またケガをする前と遜色無くプレーすることが出来るように治してもらってきました。
 
その様な経験から、骨折や関節の怪我で自由に動くことができなくなってしまった動物達を治療し、元の様に走ったり遊んだりできる様にしてあげたいと思うようになりました。
 
またそうすることで、オーナーの皆様に自分のわんちゃんたちと治った喜びを共有していただくことができれば、それが自分の目指す獣医療なのではないかと思うようになりました。
 
そこで、将来適切な治療を提供する為にも、大学の間から少しでも多くの症例と向き合い、勉強するために整形・神経外科の研究室に所属することを決めました。
 
 
 
大学では毎日の様に手術の手伝いをしました。
 
その子達の入院のお世話も担当していました。
 
大学に訪れる様々な疾患に対する治療・手術に、チームの一員として参加することで、整形疾患への理解が深まっていきました。
 
 
 
また、その日々を過ごす中で手術はもちろん大切ですが、僕がこれも欠かせないと思っているのがリハビリです。
 
手術が成功しても以前の様に足を付けない、関節が曲がらない、といった事態が起こるのをなるべく防ぐためにも欠かせないことの1つだと思っています。
 
 
 
手術後のリハビリはその子の性格や、状態に合わせて最適な方法を選択します。
 
時には、退院してお家に帰ってからも継続的にリハビリが必要になることもあります。
 
そんな時には、僕の方からオーナーの皆様へ解り易く、わんちゃん達への負担は最小限なリハビリの方法を提供させていただきますのでご安心下さい!
 
image-54
 
 
 
今までお話して来た様に、大学時代から培って来た整形外科そしてリハビリの分野には自信を持っています。
 
今後はセミナーや学会などに出て、更に広い知識を取り入れて行きたいと思っています。
 
 
 
人間の様にここが痛いと言えないのが動物達です。
 
しかし、必ずなんらかのサインは出しているはずです。
 
 
 
足を地面に付けず挙げている、いつも通り抱っこするとキャンと鳴く・・・。
 
このような変化にいち早く気づいてあげられるのはオーナーの皆様だと思います。
 
 
 
どこか痛そうだったり、元気のないわんちゃんねこちゃん達を見つけた時はとても不安なはずです。
 
そんな時に、動物達には最適な治療を選択し、オーナーの皆様の不安を取り除くことで力になりたいと僕は思っています。
 
ガーデン動物病院には、それが可能な素晴らしい環境が整っています。
 
ほんの些細な不安でも大丈夫ですので気軽にご相談ください。
 
これからどうぞよろしくお願いします。
 
獣医師のたかたひろしでした。
 
 
 
takata
 
獣医師
髙田拓志
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ビションフリーゼ

2018年05月08日

トリマーの古家です。
 
ガーデン動物病院のトリマーになって5年目に入ります。
 
 
 
僕の得意分野と言うか、好きなのはビションフリーゼです。
 
なぜかと言うと、2年前に知り合いから、ビションフリーゼの仔犬を譲り受けたからです。
 
丁度、その頃はビションフリーゼが流行していたのもあり、少し気になるくらいでしたが、まさか実際に飼うとは思っていなかったです。
 
飼うと可愛いらしさが倍増‼
 
散歩中や患者様でビションフリーゼを見つけると嬉しくなります。
 
と言うか、目についてしまうのです。
 
好きすぎて自分の頭もビションフリーゼみたいにしています(笑)
 
 
 
ビションフリーゼのカットも好きです。
 
とても時間もかかるし大変な犬種ですが、いかに、その子をビションフリーゼらしく出来るか?
 
腕の見せ所です。
 
S__6725663
 
今はビションカットができるトリマーが少ないと言われています。
 
日頃からSNSなどでも写真や動画など見る事も出来ますが、毎年ドックショーに行って見学し、ビションフリーゼのカットについて勉強しています。
 
 
 
ビションフリーゼに関わらず、トリミングに関することは何でもご相談下さい。
 
トリミング室でトリマー古家がお待ちしています。
 
 
 
S__6725664
 
トリマー
古家良輔
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

防災対策

2018年05月06日

院長の水越です。
 
ペットと飼い主のための防災対策について、良い記事をみつけましたので引用します。
 
 
 
<急な災害に備えて>
 
まず自分の安全が第一で、落ち着いて自分とペットの安全を確保しましょう。
 
ペットも突然の災害にいつもとは違う行動をとってしまうことがあります。
 
リードやケージなどペットに配慮した対策を取りましょう。
 
 
 
1、ペットと同行避難
 
避難する時にはペットと同行非難することが原則です。
 
万が一、ペットと離れた場所にいた場合には、自分の被害状況、避難所との距離、避難指示などをしっかり考慮し、避難させるかどうかの判断が必要です。
 
もし、ペットとはぐれてしまった場合には、ペットの情報を、自治体の動物担当部署や警察等に届け出る事が大切です。
 
 
 
2、同行避難の方法
 
同行避難する際には、普段よりしっかりリードの確認や首輪がしまっているかの確認を行いましょう。
 
猫ちゃんの場合でも移動しやすいようにコンパクトなキャリーバッグやケージに入れ、逃走しないようにガムテープで固定することが必要です。
 
 
 
3、避難後の生活
 
様々な人が共同生活をする場において、ペットの存在は心の支えになるという方がいる一方で、アレルギーを持った方や、咬傷事故や鳴き声への苦情、体毛や糞尿処理など 衛生面でトラブルになることもあります。
 
ペットの飼育管理は飼い主の責任で衛生的な管理を行うとともに、飼い主同士で周りの人に配慮したルールを作ることも重要な仕事なのです。
 
 
 
4、ペットもストレスが溜まります
 
ペットは、ストレスから体調を崩したり、病気が発生しやすくなるため、飼い主はペットの体調に慎重に気を配り、不安を取り除くように努めなければなりません。
 
 
 
2017-10-24 12 24 32
 
 
 
<準備してほしいものリスト>
 
●いつもと同じものを
 
ただでさえ、いつもと違う環境になってしまいます。
 
普段と同じものを食べたり使ったりできるように日頃から準備しておきましょう。
 
お散歩時に使うようなコンパクトなものを用意してくと良いでしょう。
 
そして、お薬など命に関わるものは抜け漏れのないように準備してください。
 
 
 
●情報がわかるように
 
東日本大震災の時には名札もマイフロチップもないワンちゃんや猫ちゃんが沢山いました。
 
離れ離れになってしまった場合でも、できるだけ早く飼い主様の情報が分かるようにしておきましょう。
 
また、過去の病歴やワクチン歴、生年月日など、万が一の治療の際に必要な情報はメモしておきましょう。
 
 
 
<災害時に備えて準備しておきたいもの>
 
・お水(最低でも3日分)
・フード
・食事用の器(折りたためるものがオススメ)
・療法食
・お薬(最低でも1週間分)
・名札
・マイクロチップ
・リード
・キャリーケース          
・飼育メモ
(生年月日・病歴・ワクチン歴など)
・ペットシーツ
・タオル
・新聞紙              
 
 
 
災害時には、大きな混乱が予想されます。
 
ワンちゃんや猫ちゃんが安全・安心な生活を送れるように日頃から準備しましょう!!
 
 
 
IMG_5540
 
院長
水越健之
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇