スタッフブログ

ミッション(その3)

2018年07月12日

院長の水越です。
 
またまた、ミッションについて。
 
ミッション、患者様への約束、行動指針、ビジョンを見直し、スタッフ主導で完成させました。
 
ミッション「私たちはわんちゃんねこちゃんとご家族にとっての安心の場を追求し続けます」
 
患者様への約束
・いつでも診る
・感じの良い対応
・お待たせしない
 
前回は、「ミッション」と「患者様への約束」を解説しました。
 
今回は、「行動指針」と「ビジョン」について解説します。
 
 
 
「行動指針」とは?
 
これは、「安心の場」をどのように提供するために、我々はどういうチームを目指すか?
 
どのように団結するか?
 
チーム内で、どのように行動するかを示しています。
 
 
 
行動指針
 
・全員が同じ方向を向く
 
・向上心を持ち成長し続ける
 
・お互いに関心を持ち尊重する
 
・素直に受け止めて感謝する
 
・気持ちいい挨拶をする
 
・誠実さと誇りを持って行動する
 
 
 
・全員が同じ方向を向く
 
これは、開業当初から僕がこだわってきたチームの方針です。
 
 
 
例えば、
 
外部のセミナーで勉強したきたことをまとめて、他のスタッフに共有します。
 
そして、うちの病院に取り入れることをミーティングで検討します。
 
さらに、その内容をマニュアル化して、再度共有します。
 
 
 
こういうことが文化になっています。
 
なので、ミーティングが多く、情報共有のためのデジタルツールに毎日たくさんの情報が流れてきます。
 
 
 
・向上心を持ち成長し続ける
 
「成長」は僕個人の価値観の中で一番大切にしていることです。
 
自分自身はもちろん、たくさん勉強し、日々成長したいと思って実践しています。
 
関わる人たちにもそうあってほしいと強く思います。
 
チームも、病院もです。
 
 
 
なので、これは創業者である僕の価値観です。
 
それをスタッフに表現してもらいました。
 
 
 
・お互いに関心を持ち尊重する
 
・素直に受け止めて感謝する
 
・気持ちいい挨拶をする
 
 
 
この3つは、スタッフ間の関係性に関する方針です。
 
「互いになんでも言い合える関係」を目指しています。
 
そのためには、どういう心がけ、どういう行動が必要か?というとこらから導き出されました。
 
 
 
言う側は相手に「関心を持ち、尊重する」
 
受け止める側は相手に「素直さ、感謝」を忘れない
 
日々の行動として「気持ちいい挨拶をする」
 
ということです。
 
 
 
・誠実さと誇りを持って行動する
 
これは主体性、自主性についての内容です。
 
ワークの中では、「嘘をつかない」「正直さ」「真摯さ」という候補が上がり、その中から「誠実さ」を選びました。
 
それと、プロの動物病院スタッフとして、「誇り」を持つということです・
 
 
 
「ビジョン」とは?
 
これは、「安心の場」をどこまで追求するか?
 
目標の一番先の部分。
 
我々が目指す「安心の場」の理想像を示しています。
 
 
 
ビジョン:全国の犬と猫に救急を!
 
 
 
これについては、僕が一人で決めました。
 
ビジョンや長期目標を決めるのは経営者やCEOの仕事だと思っています。
 
市場の動向、競合の動向、自院の強みや弱みなどを総合的に分析して導き出すものだと思います。
 
「安心の場」を追求し続けるために、うちが一番重要視し、地域のペットと飼い主様に貢献できるのは「いつでも診る」だと思っています。
 
救急対応が可能な動物病院がない地域では、不安な夜を過ごす方がたくさんいると思います。
 
「全国の犬と猫に救急を!」とは、そういう地域に救急対応が可能な分院を作っていくということです。
 
壮大な夢ですが、可能な限り追求したいと思います。
 
 
 
3回にわたり、ガーデン動物病院の方針、我々の思いを書きました。
 
3つ合わせるとかなりのボリュームだったと思います。
 
読んでいただいたことを感謝しています。
 
img_3477 2
 
 
 
mizukoshi
 
院長
水越健之
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇