スタッフブログ

嘔吐があれば救急受診が必要か?

2018年02月09日

院長の水越です。
 
今日は「嘔吐」について書きます。
 
嘔吐を引き起こす原因は非常に多いです。
 
われわれ獣医師は、「嘔吐」という症状で受診されたペットを診察するとき、とても多くの病気をリストアップします。
 
そして、一つ一つ除外して、消去法で診断することが多いです。
 
outo
 
写真は「スモール アニマル インターナルメディスン 第4版(インターズー)」という獣医内科学の教科書からの抜粋です。
 
嘔吐には、これだけ原因となる病気があります。
 
タイトルの「嘔吐があれば救急受診が必要か?」ですが、それは「状況次第」です。
 
 
 
猫は毛づくろいをして、胃に溜まった毛玉を嘔吐して吐き出します。
 
これは猫の習性です。
 
1ヶ月に1〜2回、液と毛玉を嘔吐します。
 
そして、元気も食欲もあれば、受診は必要ありません。
 
 
 
犬も猫も急いで飲み食いした直後に、吐くことがあります。
 
吐いたものをまた食べて、その後は元気で、もう吐かない。
 
こういう場合も受診は必要ありません。
 
他にも緊急受診をするほどではない嘔吐はあります。
 
先ほど、受診が必要かどうかは、状況次第と書きました。
 
その「状況」は、診察してみないと分からないのです。
 
 
 
若い犬猫で、元気もあって、食欲もあって、1回嘔吐しただけ。
 
「夜間救急で診てもらったほうがいいですか?」
 
そういう問い合わせが、時々あります。
 
たぶん、必要はないと思います。
 
でも、背景となる状況は分かりません。
 
異物を誤食して腸に詰まっているかもしれないし、薬物の誤食かもしれません。
 
様子を見ることにして電話を切ったとします。
 
その後も嘔吐は続き、だんだん元気もなくなってくるでしょう。
 
 
 
なので、「大丈夫です、受診の必要はありません」とはなかなか言えないんです。
 
 
 
嘔吐があれば救急受診が必要か?
 
答えは、
 
「元気に見えても、念のため、受診したほうがいい」
 
 
 
IMG_5502
 
 
 
下のような場合は、夜間でも受診が必要なのは明らかです。
 
・嘔吐が頻回
・元気もない
・食欲もない
・何かを誤食した(可能性がある)
 
 
 
嘔吐で診察を受けられるときは、下の点をチェックしておいてください。
 
・どのくらいの頻度か?
・いつからか?
・何を吐いたか?
 
 
 
正確な情報は、正確で早い診断につながります。
 
それによって、早く元気になれます。
 
 
 
IMG_5540
 
院長
水越健之
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇