スタッフブログ

新人獣医師の藤木です

2018年04月19日

初めまして、こんにちは!
 
4月に入社した獣医師の藤木侑里香(ふじきゆりか)です。
 
今日は自己紹介を兼ねて、私の大学時代のことを少しお話したいと思います。
 
 
 
私は広島県の福山市という田舎の出身です。
 
「都会に住んでみたい!」
 
という漠然とした憧れがあったので、大学は大阪府立大学(府大)に進学しました。
 
 
 
獣医師になるには、6年間大学に通わなければなりません。
 
府大ではまず、はじめの4年間で、獣医師になるのに必要な知識を座学や実習を通して学習します。
 
(テストが多くてとても大変でした!笑)
 
 
 
その後、4年生の後期から卒業するまでの2年半、研究室に配属されます。
 
研究室では、獣医学の分野の中で専門を決めて、実験や研究をして、その仕上げに卒業論文を書いて大学に提出します。
 
 
 
私は、
 
「公衆衛生」
 
という研究室に所属していました。
 
 
 
具体的に何をしていたかと言いますと、、
 
 
 
私の研究テーマは、
 
「ウェルシュ菌」
 
という、加熱しても死なない食中毒の細菌でした。
 
この菌は、人の身体の中で『どうやって毒素を産生するか?』が分かっていないので、そのことについて詳しく研究しました。
 
 
 
毎日遅くまで実験をしたり、英語の論文をたくさん読んで勉強をしたり、学会でその成果を発表したりもしました!
 
image-43
 
 
 
「食中毒と獣医・・・何の関係があるの?」と疑問に思われる方も多いと思います。
 
 
 
「獣医」
 
と言われると、動物病院の先生をイメージされる方が多いと思いますが、実は獣医師の仕事はとても幅が広いのです。
 
 
 
「食の安全を守る」
 
「人や動物にかかる病気の対策をする」
 
こんなことも獣医師の仕事です。
 
 
 
「食の安全を守る」
 
みなさんが日頃食べているお肉を、食べても大丈夫かどうか、誰が検査しているかご存知でしょうか?
 
答えは、公務員の獣医師です!
 
 
 
「人や動物にかかる病気の対策をする」
 
例えば、私の研究のように、O157などの食中毒菌や、他にも、最近話題になった、デング熱や鳥インフルエンザの研究をしている獣医師もいます。
 
もっと身近な例を挙げると、わんちゃん、ねこちゃんの狂犬病やノミ・マダニの予防もこれに含まれます。
 
 
 
このように、獣医師の仕事はとても幅が広いです。
 
入学してすぐそのことを知り、視野を広げるために、医療だけでなく、たくさんの分野を勉強しようと決めました!
 
 
 
例えば、 「副専攻」という、卒業には絶対に必要ではないけれど、食の安全を管理するエキスパートを育てるためのカリキュラムも受講し、修了しました。
 
image-44
 
 
 
他にも、牧場に実習に行ったり、公務員のインターンに行ったり、、
 
image-45
 
 
 
色々なことを経験した6年間でした。
 
 
 
変わらず、ずっと私の心の中にあったのは、とにかく動物がみんな大好きだということです!
 
 
 
これは私の幼稚園の卒園アルバムです。
 
image-46
 
 
 
両親の話では、初めてのおねだりは、とても分厚くて大きな動物図鑑だったそうです(笑)
 
 
 
獣医師としてどの道に進もう?
 
と考えたとき、大学付属の動物病院での実習が1番はじめに思い浮かびました。
 
 
 
この実習では、1ヶ月間毎日病院に出て、診察や手術を見学したり、できる範囲で先生のお手伝いをしたりしていました。
 
 
 
そして、この実習を通して、小さい頃からの夢だった「病気の動物を元気にしてあげる仕事につきたい!」と強く思い、動物病院に就職することを決めました。
 
 
 
これからは、ガーデン動物病院の一員として、毎日笑顔いっぱいで元気に頑張ります!
 
よろしくお願いします!
 
 
 
IMG_8259
 
獣医師
藤木侑里香
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

入院患者に快適に過ごしてもらえるように

2018年04月17日

動物看護師の吉岡です。
 
私の得意なこと、それは、入院してる患者(ホテル利用してるわんちゃん猫ちゃん)の気持ちになって少しでも快適に過ごしてもらえるように考えることです。
 
例えば、エリザベスカラーをつけていると動きにくいですよね。
 
そんな子たちのためにいろいろと工夫をしたいと考えています。
 
 
 
エリザベスカラーをつけていても気にせず動き回ったり、ご飯を食べる患者もいますが、エリザベスカラーがあるだけで生活しづらくなりますし、固まって動きもしない患者もいます。
 
その患者に対して、可能であれば、
 
・透明や柔らかいエリザベスカラーにしてみる
・エリザベスカラーをつける目的によってサイズを変更する、小さくしてみる
・ご飯の時だけエリザベスカラーをはずしてみる
・日中スタッフが看ることができるときだけはずしてあげる
 
などなど、なるべくストレスを軽減できる方法を探ります!
 
 
 
器1つでも工夫できます。
 
特に高齢の患者は少し高さをつけるだけでもご飯やお水をスムーズに飲みやすくなります。
 
工夫したことで、お水やご飯を食べやすそうにしてる姿を見ると単純ですが嬉しいです。笑
 
 
 
わんちゃんは入院生活が長くなると、ずっとケージの中だけでストレスがたまるかなぁと思うところもあったり、お外でしか排泄しない患者もいるので可能であれば少し院内や外を歩かせてあげたりもします。
 
猫ちゃんは怖がりの子が多くて隠れたい子も多いです。
 
そういう子にはタオルを多めに入れて体に被せてあげたり、ケージ前にタオルを挟んで姿を見えにくくしたりします。
 
過去にはホテル利用の猫ちゃんでダンボールでお家を作ったりもしました。
 
隠れる場所を作ってあげることで、本人にとって安心できる空間になります。
 
 
 
すごく簡単に作ったダンボールのお家でも、使ってくれるとすごく嬉しいです!
 
ちなみに作ったお家、こちらです↓
 
image-19
 
誤食をしない猫ちゃんであれば、包装紙や画用紙、マスキングテープやシールで、可愛くアレンジするのも良いと思います!
 
 
 
他にも例はたくさんありますが、入院している理由や性格、年齢、状態など、それぞれ患者によって工夫の仕方も変わってきます。
 
小さな工夫一つで過ごしやすくなることもあります。
 
 
 
入院やホテル利用なので、すごい快適!まではいかないかもしれませんが、少しでもストレスなく過ごせるようにしてあげたいという気持ちが強いです。
 
得意なことというのもありますが、それよりも好きなことかもしれないです。笑
 
 
 
吉岡の得意なこと、でした。
 
 
 
ちなみに、現在私が考えていることがあるのですが、病院猫のケージのレイアウトです。
 
image-20
 
 
 
ダンボールでお家を作ったのですがそれを置くと、ちょっと狭くなってしまい、、、悩んでいました。
 
でも、
 
・段差をつけてあげたい
・ゆったり過ごせる場所を作りたい
 
ということもあり、悩んだ結果ハンモックをつけようかなぁと思っています!
 
快適に過ごせれば良いのですが、、、
 
 
 
まだ設置できてませんが、楽しみです(^ω^)
 
 
 
image-31
 
動物看護師
吉岡
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

誕生日

2018年04月15日

院長の水越です。
 
4月4日は僕の誕生日でした。
 
44歳になりました。
 
4444です(笑)
 
4月4日は僕の両親の結婚記念日でもあり、昔はよく一緒にお祝いしていました。
 
さらに、今年は子供たち3人ともが、入園入学です。
 
今年は何年かぶりに、両親と一緒に、いろいろまとめて祝いすることができました。
 
 
 
今年の4月4日はとても忙しい一日でした。
 
朝は次女の杏の入園式。
 
13時からトリマーチームとのミーティング。
 
15時から補助金申請のため大阪市内で面談。
 
夜は家族でパーティー。
 
ハードなスケジュールでした。
 
 
 
20180415_1
 
 
 
誕生日当日、トリミング室には行きましたが、病院に顔を出す余裕がありませんでした。
 
 
 
毎年、スタッフがサプライズ風(?)のお祝いをしてくれているのですが、今年はそれがどうなるのか気になっていました。
 
でも、5日にお祝いをしてもらうことが出来て嬉しかったし、ホッとしました。
 
ぜひ動画をご覧ください。
 

 
 
 
非常にリアクションが悪いです(笑)
 
 
 
事務チームからはかわいい寄せ植えをもらいました。
 
20180415_2
 
うちのベランダに馴染みそうです。
 
趣味をよくわかってくれて、うれしかったです。
 
 
 
家族からは、手作り絵本をもらいました。
 
僕のお気に入りの「ラチとらいおん」を切り絵で再現してくれました。
 
20180415_3
 
 
 
妻からは花束と鞄をもらいました。
 
 
 
夜は手巻き寿司パーティーでした。
 
山口で買って来た「獺祭」も美味しくいただき、楽しいひと時でした。
 
一年くらい前から家飲みは控えているので、特別に美味しいお酒でした。
 
 
 
とても楽しく、充実した一日を過ごせました。
 
色々考えて準備してくれた妻に感謝です。
 
 
 
13321693_995178940577322_3992588692799021816_n
 
院長
水越健之
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

初めまして

2018年04月14日

動物看護師の西澤択斗(にしざわたくと)です。
 
人の集まりの中でも中心になりみんなを引っ張っていってほしいというのが名前の由来です。
 
そして家では2匹のプードルと暮らしています。
 
 
 
image-21
 
シルバー(名前)ボアです。
 
ブラックに見えますが、毛色はプードルの中でも珍しいブルーで、(名前)キズモです。
 
 
 
ここで僕の得意な事について少しお話をさせていただきたいと思います。
 
 
 
僕は大型犬の保定が得意です。
 
動物看護師では、女性が多く、男性は少ないので力作業では、とても頼って頂いています。
 
大型犬の採血の保定や、大型犬の日常ケア、大型犬を体重計の台に乗せることは僕に任せてくださいと常に思っています。
 
image-22
 
保定では、力で保定するのではなくポイントをしっかり抑えて保定する事を常に心がけています。
 
 
 
来院した際、大型犬を飼われている飼い主様は大変な事があれば気軽に僕にお声かけしてください。
 
 
 
image-23
 
動物看護師
西澤択斗
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

西です

2018年04月12日

獣医師の西です。
 
家では三人娘の母親です。
 
今年は次女、三女のダブル受験の年で、バタバタした春でした。
 
お陰様で二人とも進路が決まり、それぞれの置かれた場で一生懸命頑張ってくれることと思います(信じています)。
 
長女はすでに一人暮らしを始めてますが、次女も4月から自宅を離れます。
 
寂しさはありますが、子どもの成長に負けないよう、私も・・・。
 
 
 
日々の診療・・・。
 
「自分が飼い主だったら受けたい治療をしたい」と考え、飼い主様目線で治療に当たることを心がけています。
 
生活を共にしている動物が病気になれば不安になるのは当然のこと。
 
獣医学的な知識や技術だけではなく、「心のケア」が必要であると最近感じます。
 
動物の身体だけを治そうとするのではなく、飼い主様の心もケアし、全体のバランスを考える事も必要ではないかと思っています。
 
image-17
 
不安な事、気にかかることなど、なんでもお話しください。
 
お話聞くのは得意です!
 
共に解決できたらと思います。
 
飼い主様もペットも元気になれるよう、今後も精進していきます。
 
 
 
image-16
 
獣医師
西郁子
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇