スタッフブログ

獣医師への道(その2)

2018年08月21日

院長の水越です。
 
前回は“獣医師への道(その1)”として、一浪が決まったところまでをお伝えしました。
 
今回は大学生時代から。
 
 
 
結局、一浪時代はセンター試験がダメで、国立大は断念しました。
 
関西の私立大学の生物系学部に入学し、バイオテクノロジーのお勉強。
 
これも「なんか違う」と思ったんです。
 
もっと、現場の仕事というか、生き物と直接関わる仕事がしたかったんです。
 
 
 
「医者になろう!」とふと思いました。
 
たまたま、私立大学の時の友達が「動物のお医者さん」という漫画を貸してくれました。
 
「獣医師」という仕事は頭になかったのですが、すごく意識するようになりました。
 
manga
 
 
 
その私大は前期で休学し、夏休みから受験勉強を再開。
 
水越家の家計状況では、私立の医学部や獣医学部は難しい。
 
おまけに二浪。
 
目標は国公立の医学部か獣医学部に設定。
 
 
 
一浪時代に手が回らなかった、生物と微分積分を中心に半年間猛勉強をしました。
 
そして、めでたく山口大学の農学部獣医学科に合格できました。
 
 
 
獣医師の仕事は幅広く、小動物臨床、大動物臨床のほか、衛生関係の仕事、製薬の毒性試験などがあります。
 
僕は迷わず小動物臨床を志望しました。
 
生き物を捕まえて、図鑑で調べて、育てるが僕のルーツ。
 
小動物臨床はそれに近いものがありました。
 
「これや!」
 
と思い、ハマりました。
 
 
 
大学時代は内科研究室に入り、内科全般を勉強しました。
 
intyou
 
intyou2
 
でも、実際は、写真の通り・・・。
 
よくお酒を飲んでいました(笑)
 
 
 
でも、この時代に一緒にお酒を飲んだ仲間達とは、今でも親交があります。
 
 
 
山口大学では、獣医学はもちろんのこと、いろいろなことを経験することができました。
 
山口大学は1学年30名程度と少人数です。
 
なので、縦のつながりも非常に強かったです。
 
そういう環境の中、“上下関係”についても学べました。
 
 
 
アルバイトは家庭教師を選びました。
 
時給が良いことも理由の一つですが、獣医師になってから、わかりやすい説明ができるためのトレーニングという目的もありました。
 
 
 
そんな楽しかった学生生活にも終わりがきます。
 
 
 
そして、獣医師の国家試験に合格し、獣医師になることができました!!
 
 
 
つづく
 
 
 
13321693_995178940577322_3992588692799021816_n
 
院長
水越健之
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

獣医師への道(その1)

2018年08月19日

院長の水越です。
 
「先生はなんで獣医さんになったんですか?」
 
「動物が好きだからですか?」
 
という質問を時々受けます。
 
今日はその回答を書こうと思います。
 
 
 
たぶん、小学校に入る前から「生き物」が好きだったと思います。
 
「動物」ではなく「生き物」という言葉の方が合うので、わざと「生き物」と書きました。
 
なぜかというと、犬猫ではなく、「虫」、「熱帯魚や金魚」が好きだったんです。
 
 
 
犬は怖かった。
 
それが少年時代です。
 
IMG_2918
 
IMG_2910
 
IMG_2911
 
 
 
虫採り、田んぼの用水路で小魚や水生昆虫を採りに行くことが最高の時間でした。
 
自然界でどういうふうに生き物が生活しているか?ということに興味がありました。
 
それを捕まえて、図鑑で調べて、飼育して、、、ということが好きだったんです。
 
 
 
長女にもそのDNAは引き継がれているようです(笑)
 
IMG_2932
 
 
 
小学校の4年生の時だったと思います。
 
クリスマスプレゼントに「盆栽の寄せ植え」をサンタさんにお願いしたことを覚えています。
 
植物にも興味の対象が広がっていきました。
 
同じように、図鑑で調べて、育てるのです。
 
ちょっと暗く、変な子供でした。
 
 
 
中学校の時は熱帯魚にはまっていました。
 
「ディスカス」という南米に住む魚に惹かれました。
 
飼育が難しいことで有名な熱帯魚です。
 
同じように図鑑などをたくさん読みました。
 
懐かしいです。
 
 
 
高校に入り、「生き物」への熱は少し落ち着きました。
 
そろそろ進路を考えないといけません。
 
僕は2浪しているんです。
 
現役時代は文系でした。
 
ちゃんと将来を考えず、「英語か経済・経営の勉強でもしておこう」くらいの浅い考えでした。
 
3年の夏まで部活をし(生物クラブではなく、ハンドボール部でした)、勉強はあまりしませんでした。
 
 
 
そして、予定通りの浪人です。
 
受験勉強をしながら、「なんか違う」という感覚があったんです。
 
そして、浪人を機に理系に転向。
 
予備校に入る前に、兄に数学の基本を教わり、代々木ゼミナールに通いました。
 
国立理系コースに進みました。
 
数学は微分積分まで全部、理科は生物と化学を選択。
 
私立文系から国立理系への転向はかなりハードでした。
 
 
 
受験の結果は、、、
 
 
 
続きは次回のお楽しみです。
 
 
 
13321693_995178940577322_3992588692799021816_n
 
院長
水越健之
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

私の癒し

2018年08月18日

こんにちは。
 
動物看護師の上田です。
 
今回は私の愛犬についてお話させていただこうと思います。
 
 
 
私の愛犬は”ちろる”といいます。
 
ヨークシャーテリアの8月で13歳になるおじいちゃんです。
 
ueda1
 
 
 
私もちろると一緒に病院に行くことがあるのですが、もしかしたら見たことある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
 
 
ちろるはおやつとごはん(シーザー)が大好きで、ごはんの時間になると吠えてみたりお皿を鳴らしたりして催促してきます(笑)
 
そしておやつの場所を知っているので、おやつのところまで行き吠えてみたり、人の前に来てちょいちょいしてきたりします(笑)
 
とても食い意地がある食いしん坊ですが太ってはいませんよ!笑
 
ueda2
 
 
 
また、最近はおじいちゃんなので、私が家に帰っても気付かずに寝ていることが増えてしまい、しょうがないことですが寂しいです(T ^ T)
 
 
 
私はちろるの写真をたくさん撮るので、携帯のフォルダがほとんどちろるです。
 
そして今フォルダの容量がいっぱいと通知が来てしまって困っています(´・-・`)
 
最近撮った中で1番のお気に入りの写真はこれです!
 
ueda3
 
ペンギンの人形を抱っこさせたら寝ちゃいました(*´ω`*)
 
とてもかわいいです♡
 
 
 
つい楽しくなってしまい長々と愛犬についてお話させていただきました(–;)
 
最後まで見ていただきありがとうございます(>ω<)
 
今後私たちを見かけたときはお気軽にお声かけくださいね ´ω` )/
 
 
 
ueda
 
動物看護師
上田
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

習慣

2018年08月16日

院長の水越です。
 
今年のお盆で2年続いた習慣があります。
 
ブログをご愛読してくださっているあなたならば、お分かりかもしれません。
 
なんだか分かりますか?
 
 
 
そうです。
 
それは“ジョギング”です。
 
 
 
2016年のお盆に参加した研修で、ある参加者からのアドバイスがきっかけでした。
 
「習慣にするには、まず1ヶ月、毎日、同じ時間にやること!」
 
というハードルが高いアドバイスでした。
 
そのアドバイスは正しかったんです
 
 
 
僕は2年間で、2000km以上を走り、20万kcal以上を消費しました。
 
ジョギングしていなかったら、今の体重は何キロだったんでしょう?
 
メタボになって、生活習慣病で苦しんでいたかもしれません。
 
たぶん、体力がなく、風邪も引きやすかったと思います。
 
2年間の目に見えない成果、かつ最大の成果は、現在の“健康”だと思っています。
 
 
 
経営の勉強をしていると、“習慣”の重要性がよく述べられています。
 
・習慣にするには30日継続する
 
・完全に定着させるには100日継続する
 
ということが多くの本に書かれています。
 
よく“三日坊主”と言いますよね。
 
“3”という数字に意味があるようです。
 
3日、30日、90日(約100日)・・・
 
この3つのタイミングで、習慣が途絶えることが多いそうです。
 
 
 
もしあなたが、何かを習慣にしたいと思っているならば、参考にしてください。
 
 
 
ジョギングの場合、体調不良や悪天候など、どうしてもできない日もあります。
 
そういう日は、同じ時間に室内メニュー(ストレッチや筋トレ)でも構いません。
 
 
 
あと、同時に4つも5つも、、、と手を出し過ぎないようにしましょう。
 
1つに集中することも重要です。
 
小さいことで合っても、同時に3つまでが限度だと思います。
 
 
 
写真は真夏のMy ジョギングコースの様子です。
 
IMG_2781
 
IMG_2782
 
IMG_2784
 
 
 
mizukoshi
 
院長
水越健之
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

おしっこ

2018年08月14日

獣医師の西です。
 
今回は数ある検査の中でも、とても大切な尿検査についてお話しします。
 
 
 
血尿が出たということで尿検査をしたところ、膀胱炎だけでなく糖尿病がわかった子がいます。
 
このように、おしっこは他の検査と合わせて、全身の健康状態をみるための重要な指標の一つとなることがあります。
 
 
 
そうは言っても、尿検査は尿路系の病気で必須の検査です。
 
なかでも、腎障害の早期発見には欠かせないものです。
 
腎臓は一度壊れると元には戻りません。
 
機能が半分以下になっても症状が出ないという、肝臓と同じく沈黙の臓器です。
 
なので、少しでも早く異常を見つけてあげることが大切になってきます。
 
 
 
血液検査で数値に異常がみられるときは、腎臓の機能が1/4になってからと言われています。
 
それに対し、尿検査では、腎機能が1/2になった時点から異常な値が出てきます。
 
より早くに発見でき、治療につなげることが可能となるわけです。
 
 
 
image-96
 
image-97
 
 
 
おしっこの量、回数、色、匂い、出方なども診察の重要な手がかりになります。
 
日頃から、わんちゃん、ねこちゃんのおしっこを観察し、いつもと少しでも違ったり、気になる様子があるようでしたら一度検査をお勧めします。
 
 
 
image-16
 
獣医師
西
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガーデン動物病院
http://www.garden-ah.com/
住所:〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
TEL:072-440-0689
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇