入院について

INDEX

はじめに

犬年中無休での診療と夜間救急対応を行っている当院には、常に重症の動物が入院しています。その為、入院動物の治療・看護にも力を入れて取り組んでいます。獣医師と看護師の医療チームを作り、24時間体制で入院動物の看護をおこなっているところが、当院の特徴です。

入院につきまして、ご不明な点やご不安な事がありましたら、スタッフまでお気軽にお声がけください。

入院中の治療と管理

・入院中は主治医の他、複数の獣医師、動物看護師が担当制で治療にあたります。

・病状や体調に変化が見られた場合や新しい病気が見つかった場合には、必要な検査、処置をさせていただく場合があります。

・当院では、動物看護師による看護カルテを作成しています。体重や体温、動物の様子、排泄の様子、食欲などを確認し記録しており、何かいつもと違う様子などが見られた場合には、すぐに獣医師に知らせることができたり、動物看護師同士での入院動物の情報共有ツールとして役立てたりしています。入院中のその子の様子をできる限り飼い主様へお伝えできるよう努めております。ご面会に来られた際には、お気軽にご様子をお尋ねください。

当直制度

・獣医師が必要と判断した場合や飼い主様が希望された場合は、夜間0時〜翌朝8時までの当直獣医師による入院動物の見回りを行っております。

・夜間に急変した場合には、ご連絡を希望される飼い主様にはお電話にて、ご連絡をさせていただいております。

・診察や面会、電話対応は行っておりません。

入院動物の一日

8:00〜8:30
獣医師と看護師で、健康状態の確認(体重体温・元気・食欲の有無・排泄の状態など)と、傷口の確認・消毒、注射、血液検査、リハビリなどの朝の処置を行います。

9:00〜12:30
診察時間中は看護師がメインとなり、動物の様子のチェックとお世話をします。重症度が高い子はこまめに様子を見に行きます。

13:00〜16:00
お昼の食事や処置が必要な子はこの時間に行います。

17:00〜20:00
看護師が、健康状態の確認(体重体温・元気・食欲の有無・排泄の状態など)を行い、リハビリや投薬などの処置を行います。

20:00〜21:00
獣医師による、傷口の確認・消毒、注射、血液検査などの処置を行います。

21:00〜0:00
看護師が動物の様子のチェックとお世話をします。何かあればすぐに獣医師に報告します。

0:00〜8:00
当直担当獣医師が待機し、1:00〜1:30、4:00、6:30〜7:00など(重症度によって異なります)と動物の様子をチェックします。

ご面会、お電話でのお問い合わせ

診察受付時間中のみ受け付けております。
お昼の手術時間、夜間救急対応時間は対応できませんので、ご了承ください。

午前:8:45〜12:15
午後:16:45〜19:45

入院費用

<入院費用(税抜)>

入院手続きの際にお支払い
費用の一部 (10,000〜30,000円) を内金としてお預かりさせて頂きます。
  • 内金
  • 費用の一部

※入院手続きの際に、費用の一部(10,000〜30,000円)を内金としてお預かりさせて頂きます。

※長期入院の場合は、入院途中でのご清算をお願いすることがございます。

※お見積もりの金額を超える場合は事前にご連絡させていただき、治療を継続するかどうかご相談させて頂きます。

その他の注意事項

・病院での生活がストレスになり食事を食べない子や、飼い主様と離れて生活をすることで不安になり、鳴き続けるなどの様子が見られた場合には、通院での治療が可能な健康状態である場合のみ、早期での退院をお願いすることがございます。