猫のワクチン

INDEX

混合ワクチン

ワクチンは抗体(免疫力)を作ることで、感染症からネコちゃんを守ってくれます。ネコちゃん同士が接触して伝染する病気だけではなく、排泄物を介して感染 する病気や、空気感染する病気もあるので、外に出ないネコちゃんもワクチン接種が必要です。仔ネコは生後しばらくの間(約1ヵ月半)、母猫にもらった抗体 によって伝染病から守られています。その抗体が無くなる生後1ヵ月半ごろに最初のワクチン接種が必要です。その後1ヵ月ごとにあと1回(猫免疫不全ウイル スワクチンはあと2回)のワクチン接種を行います。ワクチンによって作られた免疫力は1年ぐらいで弱くなるため、1歳以降は1年に1回追加接種をします。

ガーデン動物病院では3種と5種の混合ワクチン、および猫免疫不全ウイルスワクチンを用意しています。生活環境に合わせて選択できます。
5種混合ワクチンと猫免疫不全ウイルスワクチンを接種する場合は猫白血病ウイルス・猫免疫不全ウイルスに感染していないか検査してから実施することをお勧めしています。

<猫の混合ワクチン(税抜)>

猫3種混合ワクチン
  • 5,000円
猫5種混合ワクチン
  • 7,500円

※2016年4月に料金改定を行いました。ワクチン接種後のアレルギー反応などによる治療費、時間外料金はすべて保証させて頂きます。

ワクチンで予防できる感染症

猫ウイルス性鼻気管炎
ヘルペスウイルスによる感染症で、ひどいクシャミ、セキ、鼻炎などの呼吸器症状のほか、結膜炎をひき起こします。高熱で食欲はなくなり、鼻炎と涙で顔中ク シャクシャ、典型的なカゼの症状がみられます。
猫カリシウイルス感染症
かかりはじめはクシャミ、鼻水、発熱など、猫ウイルス性鼻気管炎にたいへんよく似ています。症状が進むと舌や口の周辺に潰瘍ができることもあり、また、と きには急性の肺炎を起こして死亡することもあります。
猫汎白血球減少症
白血球が極端に少なくなる病気で、パルボウイルスが病原体。高熱、嘔吐、食欲がなくなり、下痢がはじまると脱水症状となります。体力のない仔猫などは、 たった1日で死ぬこともある怖い病気です。
猫白血病ウイルス感染症
持続感染すると80%が3年以内に死亡します。白血病やリンパ腫などの血液のガン、貧血、流産などを起こします。病気に対する抵抗力(免疫)が弱まるた め、いろいろな病気も併発しやすくなります。感染してから発病までの期間がたいへん長く、その間は見かけ上健康にみえますが、ウイルスを排泄し、他の猫へ うつします。
猫のクラミジア病
クラミドフィラ フェリスによる感染症。菌は眼や鼻から侵入するため、結膜炎、鼻炎、クシャミ、セキがみられます。肺炎を起こすこともあります。ヒトに感 染して結膜炎が起きた例も報告されています。
猫免疫不全ウイルス感染症
主に屋外での猫同士の喧嘩による咬傷によって伝染します。多くの猫は無症状のまま寿命を全うするか、高齢期まで発病しません。発病した猫では病気に対する 抵抗力(免疫)が弱まるため、いろいろな病気も併発しやすくなります。感染してから発病までの期間がたいへん長く、その間は見かけ上健康にみえますが、ウ イルスを排泄し、他の猫へうつします。